46年ぶりの皆既日食

c0118352_1174870.jpg
←鹿児島県喜界島で2009年7月22日午前10時59分、
 野田武氏 撮影(毎日新聞) ヨリ拝借しました。

インドから中国、鹿児島県・トカラ列島などで見ることができた
皆既日食。

国内で観測できるのは46年ぶりとあって、
多くの人が南の島トカラ列島・悪石島へ押しかけたニュースを
テレビが事前にも散々映し出していた。

そうか、、覚えていないけど、46年前といえば小学校高学年の時にあったんだね!
長い年月が経って、再び天文ショーが行われるんだわ!なんかウキウキ♪

東京でも、11時前に部分日食が見れるとのことだったので、楽しみにしていたのに
朝から雨。。。。ザンネンでした。。。


なんでも島民150人で宿泊者を収容できるのは50人程度の島へ380人以上もの人が押しかけたそう。

当然、水、食料、宿泊施設、トイレ、、、いろいろな問題が勃発する。

旅行社の企画ツアーでは、水やテント、簡易トイレの準備もし、参加者で割る方式だが、
個人旅行者はそのトイレを使用できないでトラブルが起きていた。。。


さて、当日。
鹿児島県・奄美諸島の喜界島(喜界町)では22日午前10時56分ごろ、
ダイヤモンドリングが輝く「黒い太陽」が姿を現し、あたりは夜のように暗くなった。

皆既は2分15秒続き、再びダイヤモンドリングが輝き、元の昼間の明るさに。

見守った350人の観客から拍手がわき起こった模様をテレビが伝えていた。

小動物たちは、暗くなるにつれ寝る準備をし、蝙蝠は活動しはじめたり、
自然は凄く素直に順応するんですね~!!!

さて、、、一方、悪石島に行った方達は運悪く、ドシャブリの雨で学校に避難。
暗くなるのを体験できてヨカッタと言っていたが、ツアー代36万。。。ご愁傷様です。

次に日本で見られるのは26年後! 関東だそう。。。私はいないな~(^^;;;

<毎日新聞より一部引用>
[PR]

by jakky123 | 2009-07-22 23:54 | NEWS