KAN  <池尻大橋>

友人のお嬢さんのオススメということで、行ってみました。

目黒川沿いに5分以上歩く。
暗い空間に間接照明を上手につかっています。
こういうパターンだと、jazzが流れていそうですが、音楽は無し。

客同士が会話を楽しむだけでなく、接客に5感を駆使しているとのこと。

店のカードをもらうと、下北沢の「なかむら」の系列で、
銀座にも「KAN」をだしているらしい。
c0118352_619222.jpg席に着くと「鰹節と昆布でとった上品な出汁」でお腹と気持ちを整え。。
氷は目の前で丸く削ってくれて、グラスにお酒が注がれます。

最初は「もぐら」
これで2度目に呑む芋焼酎
突き出しは「ししゃものまこと鱈の白子」を蒸したハンペン
c0118352_6202777.jpg

c0118352_6205644.jpg銀杏の塩炒りも料理を待つあてには最適!

刺身は「ながらそい」と「黒カレイ」を注文。
黒カレイは軽く昆布締めしてあって、濃厚なお味なので、塩でいただく。

ながらそいは淡白なので、山葵をたっぷりのせて醤油で。
c0118352_6235729.jpg

c0118352_6244465.jpgこのあたりで、係りになってくれた正也君(25)のオススメで、最近できたばかりという「錫釜」のロックにする。

蒸籠蒸しの温野菜・・・塩かレモン酢で。
カリフラワー・人参・蕪・サツマイモ・ブロッコリー
それぞれの味がギュウッと凝縮されて、レモン酢によくあいました。
c0118352_627741.jpg

c0118352_6274452.jpg
和牛ハラミの溶岩焼きはブランデーかけて肉を焼くパフォーマンスもありました。
鰊とレンコンの煮物はちとしょっぱかったので、正也君に言うと
すぐに上のかたに報告してお礼にみえたので、ビックリ!(;°д°)

c0118352_6284524.jpg

これまたオススメの「玉子ご飯」でしめました。

正也君から「梨のシャーベット」のサービスが!

ご馳走さま~!!!
[PR]

by jakky123 | 2007-09-26 23:41 | 呑み処