芥川賞 おめでとう!

c0118352_7564278.jpg
昨晩、芥川賞に「乳と卵」の川上未映子さんが選ばれた。

大阪弁のユニークそうな利発な乙女。
作品でも大阪弁が駆使されているらしい。

寝るときと起きたときに浮かぶ言葉や文を書きとめて、壁に所狭しとはってあり、
それらを繋ぎあわせてパソコンに入力するという。

2年前にCDもだしたシンガーソングライターでもあるが、
最近は執筆の割合が大幅に増え、お風呂場で歌うことが多いとか(^^;;
これからはマルチに活躍していかれるのでしょうね~!


<川上さんの経歴>
1976年8月29日大阪府生まれ。大阪市立工芸高等学校卒業。自称「文筆歌手」。
「早稲田文学」に掲載された「わたくし率イン歯ー、または世界」が第137回芥川賞候補になり注目を集める。
そのときの選考委員は、「スピード感のあるテンポのよい文だが、それだけはしないでという結末が残念」だったそう。題も捏ねくらなくても、、という事で今回はスッキリした題だったのかな?


紙を丸めて散らかし、頭をかきむしって悩んでいるというのが、
映像のなかの作家のイメージだったが、これからの演技では
川上さんのような感じが増えていくのかしら、、、

さっそく読んでみよう!
。。。会社帰りにTSUTAYAで探したけど、無かった。。図書館で探そうっと。
[PR]

by jakky123 | 2008-01-17 07:47 | 徒然草