九月大歌舞伎・昼の部 <新橋演舞場>

9/1の初日に戴いたチケットで夜の部だけ行った「新秋九月大歌舞伎」、
9/20は2ヶ月以上前に買って戴いていた昼:夜通しでの観劇です。c0118352_4514148.jpg
天気女とは言っても、台風13号の影響を心配していたのですが、朝から台風一過の秋晴れ!

銀座の柳も嬉しげにそよいでいます。
c0118352_11232658.jpg
本日発売のプログラムから舞台写真が載っています(^^)v

「源平布引滝」
 ー 義賢最後 ー

木曾義賢(海老蔵)は素性を隠して奉公する行綱(権十郎)の正体を見抜き、源氏再興の志の本心を明かす。
しかし、清盛の使者にそれが露見し、平家方の軍勢に屋敷が囲まれた為、源氏の白旗と身重の葵御前(松也)を訪れていた小万(門之助)とその父に託し、一人で闘って壮絶な死を遂げます。

戸板を組んだ上に仁王立ちになった後、戸板ごと倒れたり、立ったまま階段へ倒れる最期など、息をのむ海老蔵のイキのいい立ち回りは見所満載!

勢いあまって男女蔵の鬘が脱げて階段をころがってしまうハプニングもありました(^^;

c0118352_544910.jpg
ー 竹生島遊覧 ー
舞台では77年ぶりの上演だそうです!
次の場へ話が繋がる短い場面です。

琵琶湖のほとりの矢橋で判官の手下・塩見忠太(猿弥)につかまりそうになった小万は、琵琶湖に飛び込んで逃れる。

一方、湖上では、船の上で清盛次男の宗盛(友右衛門)一行が竹生島に参詣した後、盃を傾けている。

斉藤別当実盛(海老蔵)が湖を泳ぐ小万を見つけ船に助けあげると、白旗を持っていることがバレて、奪われそうになる。
源氏贔屓の実盛が小万を説得するが、頑なに拒む小万。

白旗が平家方に渡るのを恐れた実盛は、小万の旗を握った右腕を海中に切り落とす。

c0118352_612489.jpg
ー 実盛物語 ー
かくまっている臨月になった葵御前に栄養を付けさせようと、九郎助爺と太郎吉は鮒釣りに。
すると白旗を握った女の腕がかかる。
九郎助爺が旗をとろうとしても放さないが、太郎吉が触れると放した。
そこへ小万の遺体も運ばれてくる。

葵御前の産んだのが男だったら殺すように言われてきていた実盛が、まだぬくもりのある腕を
遺体につけると息を吹き返し、白旗が葵に届いたのを確認すると太郎吉に素性を明かしかけて絶命する。

実は小万は、この時に実盛と一緒にきていた、平家方の瀬尾十郎(市蔵)の娘だった。
小万を瀬尾に足蹴にされた事に腹を立てた幼い太郎吉(実の孫)。瀬尾は喜んで首をさしだす。

実盛も母の仇なので、成人したら潔く討たれる約束をする。

太郎吉役は交代の配役で5歳位?なのですが、長丁場の中とてもしっかり台詞も演技もできていて、
大人の役者さんを完全にくっていました!!パチパチパチ(^^)/
c0118352_1122298.jpg
最後は舞踊で、「枕獅子」
時蔵丈の優雅な舞い、松也と梅枝の蝶々の化身のカムロを堪能しました!!


夜の部で最後の舞踊「かさね」
初日に観た時とは演出を変えてあって、より最終場面が引き立っていて素晴らしかったです。





c0118352_724320.jpg
<第1回目 松竹歌舞伎検定> が 
11/24におこなわれるらしい。

受験料¥5500
申し込み 10/15まで
4択で、HPに想定問答も載っているようです。

http://www.kabuki-kentei.jp

<例題>
獅子の毛に使われている素材は?
1.ライオンの毛
2.馬の尻毛
3.ヤクの毛
4.グラスファイバー

私は全くダメだけど、チャレンジいかが?
[PR]

by jakky123 | 2008-09-20 23:57 | 歌舞伎