2009年 02月 17日 ( 1 )

伊豆稲取 <吊るし雛>

金目鯛でも有名な伊豆稲取
以前より、ここの<吊るし雛>を見てみたいと思っていました。

河津に行く少し手前ですし、2/7~展示が始まっているという事で、今回の旅行に組んでみました。

メイン会場は「文化公園・雛の館」、その他にも「むかい庵」「なぶらとと」「みかん園」など
あちらこちらで展示が行われているようですが、我々が辿りついたのは「岬の館
c0118352_6512437.jpg

c0118352_6531711.jpg桃の節句の雛段の両側に、端布で作った小さなぬいぐるみを糸で吊るして飾る江戸時代からの風習です。

110種類もあるそうで、それぞれ謂れや言い伝えがあり、女の子が生まれるとその子の成長を祈って、一針一針愛情を込めて作っていくのですね。

帯や着物の柄を上手く利用した古布は、とても味のある色合いでした。

這い子 ・・・ 這えば立て、立てば歩めの親心
だるま ・・・ 七転び八起き(福を招く)
枕   ・・・ 寝る子は育つ
俵ねずみ ・・・ 大黒様の使いである鼠は金運や財力があり、子沢山
      俵は五穀に不自由しないように
花   ・・・ 花のように美しく
サル ・・・ 赤い布が多く、厄除け
うさぎ ・・・ 赤い目のウサギは呪力があり、神様のお使い
巾着 ・・・ お金に不自由しないよう
ふくろう ・・・ 福や不苦労にかけて
鳩  ・・・ 神様の使い、むせない
  ⇒乳をよく飲むよう

桃  ・・・ 霊力があり、邪気・悪霊を退治し、延命長寿を意味する
金目鯛 ・・・ 金目日本一の稲取で、祝事にはかかせない
c0118352_704633.jpg

c0118352_712148.jpg

c0118352_72890.jpg

昔のお雛様や川に病気治癒や祈願を書いて流したものから発生した立ち雛も展示

c0118352_7134798.jpg

男の子の端午の節句バージョンはこちら

c0118352_23513349.jpg

c0118352_23524583.jpg

昔からの着物やお道具なども展示され、子供達が大事に育まれてきたのだなあ。。

More  おみやげに
[PR]

by jakky123 | 2009-02-17 06:41 | 遊び・観光