カテゴリ:study( 12 )

MBTで はつらつ ウォーキング♪

新川崎に勤務場所が変わり、
朝、帰りに各25分づつ歩くようになって早5か月!

このところ、膝の裏側が傷んだり、
歩いている最中に膝に力が入らずカクッとなったり、
一昨日の夜中には、両足のフクラハギが猛烈に攣って激痛!
軽くはなったものの、昼までずっと痛みが継続。

足に負担がかかっているな。。。。


昼休みに、会社の売店で立ち読みした雑誌に
MBTのことが掲載されていた。

席にもどってネットで検索してみると、
恵比寿に「コアギャラリー」があるというので、
即日、かえりに途中下車してみた。

電話すると、閉店後ではあるが、予約客がくるので
一緒にどうぞと快諾。

靴を販売というよりは、身体に負担のない歩き方を教わり、
その道具としてのMBTを買う感じ。

インストラクターと呼ぶのにふさわしい店の方も
とても丁寧に歩く練習につきあってくださる。
c0118352_451543.jpg



これから夏にむけての通勤ですから、jakkyが購入したのはコチラ!
「プロフェッション23W」
c0118352_463390.jpg

c0118352_474680.jpg
マサイ族の歩き方を研究して作られたこの靴のポイントでもある
かかと部分の「マサイセンサー」やその靴底のミッドソールは張替えが可能。

靴のクリーニングも¥350 でやってくれるし、部屋の奥には足専用スパもあって
一ヶ月以内に行くと、履いている状況のチェックをしながらマッサージもしてくださるそう。
c0118352_4142571.jpg


靴を買うのではなく、健康を買ったみたい♪

お値段は通常の3倍くらいしますが、それに匹敵する気がします。
[PR]

by jakky123 | 2010-04-09 03:06 | study

体験ダイビング <石垣島・うみの教室>

実は、10年ほど前にハワイで一度体験ダイビングに挑んだことがあります。

見事に撃沈しましたので、今回はリベンジだったのです!

ハワイで何がネックだったのかというと、<コンタクト>が原因でした。

日本で、度つき水中眼鏡の存在を確認し予約して行ったにもかかわらず、
現地にいってみたら、そんなものはナイ!

0.002というチョー・ど近眼のjakkyは、それじゃなくてもコンタクトの上から眼鏡をかけて運転です。

せっかく海の中の美しい景色を観るのに、何も見えないのでは全く意味がありません。
しかし、女2人旅で、なおかつ相方は運転できないので、もしコンタクトを落としてしまったら、、、
お手上げです。

悩んだ挙句、コンタクトをしたままで、器具を装着し、外人のインストラクターにカタコト英単語と
手振り身振りでそのことを伝えると、背が立たなくなった水深のところで、水中眼鏡を外す練習があると。。。
10人に一人のインストラクターで、個人の訴えは却下されます。
うっそ~!パニックになった私は、リタイアを申し出て、一人淋しく甲羅干しして¥17000を払ったんです。

★今回は、入念に<度つき水中眼鏡>の存在を確認し、自分の視力も伝えて挑みました!

お世話になったのは、北部のくびれ部分(伊原間)の<うみの教室>
いろいろなコースもありますが、2人にひとりのインストラクターで親切丁寧!

お魚がいて綺麗な海中のポイント地点まで船で行き、そこで潜ります。
※以下の写真は、インストラクターが水中カメラで撮ってくださったものをDVDにしたのを
¥1050で購入。   その映像です。c0118352_2581274.jpg
さあ、ボンベを背負って、海中へ。

うわ!重くて一人で動けません。。。
インストラクターが手でボンベを持ち上げてくれて、、、
ハシゴにつかまりながら(しがみつきながら。。)フィレをつけてもらいます。

海面に顔だけつけて、呼吸の練習。
ゆっくり吐いて~、吸って~、ゆっくり吐いて~、ハイ上手ですよ~

下に下りていき頭がすっぽり水中に入った途端、
パニックになりました。
耳抜きが事前練習でもうまく出来なかったのですが、水中でもできない。
呼吸が苦しい気がして、吸って吸って、短く吐いて、急いで吸って、、、無理!上がる!

インストラクターは慌てずに、
「ハイ、もう一度最初から、顔をつけて呼吸練習からしましょう」

ナンか無理そう、、またギブアップかな。。。トラウマも手伝ってめげかけましたが、
インストラクターがしっかりサポートしてくださって、耳抜きも上手くできないの繰り返しをしながら、
気がついたら、知らないうちに4mの水深の海底にたどりついていました!
c0118352_392763.jpg

c0118352_3103353.jpg

おやおや、カニさんも珊瑚の陰から鋏をだして挨拶してくれましたよ。
c0118352_3401219.jpg

鰯の稚魚の大群が、右へ左へ演舞を繰り広げています。
c0118352_3131160.jpg
コレは何だと思いますか?

「巻貝ですか?」と私。

巨大な海胆のトゲの1本だそう! 
デカッ!!
c0118352_3151861.jpg
これは上手い方でライセンス取得コースの方。

jakkyは珊瑚や岩につかまりながら、這っているという感じでした(^^;

しかし、先ほどの泣きっ面はどこへやら、もう楽しくて楽しくて、
「では、そろそろ30分経ちますから上がりましょう」という
ボードの文字に、心の中で
「え~、、、もう少し~」と呟いていました(^^;
c0118352_327342.jpg
恋してしまいそうな?ナイスガイだった、優しい2人のインストラクター

落ちこぼれjakkyに代わるがわる付いてくださったお陰で、
すっかりクセになりそうです
(^^)

ありがとうございました♪


皆様、応援ありがとうございます。

海中散歩いかがでしたか?
↓今日も、ポチッ とお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

More 見たかったのは。。
[PR]

by jakky123 | 2009-08-19 03:27 | study

ヨット「HINANO」と また逢う日まで!♪

c0118352_5374916.jpg

manbowさん の紹介で
一昨年のカワハギ釣りからHINANOに乗せて頂き、
その後5回、練習に乗艇させて頂いて
ヨットの楽しさやクルーの熱い思いを
教えてくれた「HINANO」。

お嫁入り前の化粧直しと
長旅の準備で、
横須賀に上架中です。

c0118352_2345036.jpgコウチャンが、林ケンノスケ大御所にお願いした、
他にはない特殊な設計で誕生した器量良しさん。

艇長コウチャンや奥様ツーセさんと一緒に
世界中、七つの海を渡ってきた「HINANO」

沢山の仲間たちの憩いの場であり、
ケンノスケカップでも頑張って
クルーと1等賞を狙い(?)
クルー達の人生とともに
歩んできた「HINANO」

コウチャンが急逝され、
長崎にお嫁入りすることになりました。

8/1の午前10:30~ 
横須賀ステップマリンで
お色直しを済ませた「HINANO」とのお別れ会。
c0118352_5452884.jpg
午前中、ちょっと外せない用があったjakkyが、京急・県立大学駅に降り立ったのは、すでに15時。

宴はすでに終了し、<8/7に横須賀を出航し8/17に長崎到着>の長旅に備えての点検や修理に
余念のない 大忙しのクルー達でした。

この日、たまたま横須賀で花火大会が開催され、みんな花火も楽しまれたでしょうね。
jakkyは息子宅へむけて17:00には失礼してしまいました。スミマセン!

c0118352_5515447.jpg


< 回航の日程 >(天候や潮の流れにより変更になります)

8/6 午前下架、午後出航準備
8/7(金) 05:00 横須賀ステップマリン 出航、 11:50 下田入港
      風呂仮眠後、24:00下田出港
8/8 終日 遠州灘 志摩半島沖を航行
8/9 (日) 熊野灘航行 17:00 田辺入港
8/10 03:00 田辺出港 昼頃 鳴門or小鳴門を通過、 16:00 小豆島入港
8/11 05:00 小豆島出港 夕刻 尾道を通過  18:00 因島三庄入港
8/12 06:00 因島出港  18:00 祝島入港
8/13 06:00 祝島出港  15:30 下関入港
8/14 06:00 下関出港  16:00 呼子入港
8/15(土) 06:00 呼子出港 五島列島へ
8/16(日) 五島列島
8/17 佐世保入港 (西海橋・大村湾)

8/18 クルーは 長崎空港より空路羽田へ。

最初から最後までHINANOを操られるクルーは、
我らがオーナーツーセさん、8/5に長崎から見える新オーナーさん、
我らが艇長ミネさん、もとラガーマンmanbowさん。
みなさん62?~70越えられた 元気な方ばかり(^^)v

姉妹艇「あうん」のスキッパー九里さんも8/11の尾道まで乗艇してくださるそう。
この間、多数の仲間が、一港間とか時間が許す範囲でHINANOに乗艇する。

jakkyは予定が入ってしまっていて、HINANOとは8/1がお別れでしたが、
ツーセさん曰く、
「新オーナーが良い方で、いつでもHINANOに逢いにきてくださいって!
長崎ツアーを企画するから、HINANOに逢いにいこうね♪」

HINANOちゃん、天候に恵まれ、良いお輿入れの旅になりますように!!
またね(^^)/~


皆様ご協力ありがとうございます。m(_ _)m
↓お手数ですが、ポチッをお願いしま~す。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

お陰様で、8/3 20:00現在 
<おいしん坊 3/180>アリガトウゴザイマス♪
[PR]

by jakky123 | 2009-08-03 05:15 | study

HINANO セーリング vol.5

8/14 朝5:45に家を出て千葉の富浦へ。

いつもは東京駅から高速バスで行くのですが、お盆休みで道路が混んでいると予測される為、
今回は「JR特急 さざなみ3号」7:30東京発に乗りました。
東京駅の中を抜けて京葉線乗り場は歩いて15分ほどかかりますし、
チケット購入などに手間取りそうなので、ちょっと早めだった筈が発車9分前に到着。

9:15着の富浦駅では、オーナーで艇長のコーチャンが車で迎えにきてくださっていて、
同じ電車だったF親子とjakkyは漁協前でスタンバイOKの「HINANO」に無事乗船。

快晴のカンカン照りの暑い中、10時には海面を滑り出しました。
今回はjakkyにとっては初めて湾から出て、油壺までの航海です。

湾の中は静かな波でしたが、湾外にでると静かな方らしいのですが、、結構波が!
酔止めの薬を飲んでいたのですが、すぐに気持ち悪くなってきたその時。
艇長から指示が。
「今日は15分づつ目標に向かっての操艇練習をします。
 最初はjakkyさん、次はFさん親子、次は○○さん、、、」

えっ!最初?!どおしよう。。ま、頑張ろう!
「城ヶ島に向かってください。車の運転と同じで右へ行きたければ右に切って。」
「はい!」
ん?どれが城ヶ島だ。。?
なんか今向かってるほうへとりあえず。目標がよくわからない。。
視力が0.4だから遠くの目標って厳しいなあ。。眼鏡は度数0のサングラスだし。
平らな島ってアレかな。。。あ、波に隠れて、なくなった。。。?

車と違ってそのまま握ってると波で左に行ってしまう。
あらら。。と右に切ると「方向が違ってるよ!」

前に1回やらせていただいた時は風を読んで、だったのでわりと上手くいったのですが、
今回は目標物を定めてという、jakkyにとっては初体験!
城ヶ島って平らでよく見えず、、微妙にアレかな~??と迷走ばかり。

艇長が業を煮やして「富士山の方が見やすいなら、富士山に向かって!」

「はぁ~い!」 ウン、今度は解り易い。。そっか~!
最初からみえない城ヶ島に気をとられずに、富士山をアノ辺にと見ればよかったんだ。。
時すでに遅し(>w<)
「はい!じゃぁ、あと2分、、1分、、交代!」

そこからは波がより高くなってきて、右舷は波に近づき船体は大きく傾いて走っています。
時々左からザバーッと波を全身に被りびしょぬれです。
真っ青な空、風も風速15mくらい結構あって涼しく、
真っ白な波の泡が描かれて最高のシチュエーション!

でも、それを楽しむ余裕がjakkyにはありませんでした。。
当然走っているヨットの中で写真を撮るなんてこともできません。

錘役は帆と反対側に移動なのですが、左舷後方には気持ち悪いKさんがいるので、
私は右舷後方で落ちないように必死にしがみつきながら、後方の波に向かって吐いてました(^^;
c0118352_1819337.jpg

豊かな緑溢れる油壺の湾内に入って波が静かになってきた頃には、嘘のようにおさまりました(^^;;;オハズカシイ。。
c0118352_18333278.jpg


今回の回航は油壺ボートサービス・ABS」にHINANOを預けて修理のためなので、その晩は上架したヨットの中で眠りました。
c0118352_18265038.jpg

c0118352_18271946.jpg朝5時
真っ赤な朝焼けです。
綺麗さに見とれました!


そして、、
↓朝日が船のマストにあたる6時半頃のこの10分くらいにしか、この写真は撮れないそう。

海面が鏡のようでした!!!
c0118352_18284049.jpg

c0118352_18381980.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-08-16 16:35 | study

HINANO セーリング vol.4

5/5(月) こどもの日
朝5:40に家を出て、7:20の高速バスに乗るために東京駅へ。

連休なか日だし、朝早いから大丈夫だろう、、なんてタカを括っていたら大間違いでした。

jakkyとtsuさんのチケットで満席になり、mさんは一人寂しく7:30の電車で行くことに。

しかし、バスの方も仲間6人の席はバラバラ、トイレがバスについているものの、
道路渋滞に巻き込まれたのでアクアライン休憩もかっ飛ばし、ひた走ったものの、
笑顔で迎えてくれたのは、電車で先についていたmさん(^^;;;

そんなこんなで、帰りのチケットも買っていたので、館山駅までキャンセルに行くかで一騒動。
帰省ラッシュも始まっていて5時間かかると家にかえれない。。。
帰港後、Tさんが代表でチャリで館山駅まで往復してキャンセルしてくれることに。
でも、結局はKさんが情報を調べて連絡してくれて、バスでかえったんですけどね(^^;

今日のテーマは「スタート練習」

オレンジ色のブイをスタートラインに見立て、5分前のあたりからタッグやジャイブを繰り返すが
スタートの合図の時に超えてしまっているとフライイングだそう。

タイム係りを仰せつかったjakkyはちょっと緊張しました。

5分前、4分50秒、4分40秒、4分30秒、4分20秒、4分10秒、4分!3分50秒、、、、
3分あたりからタックやジャイブを繰り返して走ります。
錘役のjakkyは秒読みを死守しながら、船尾を左右に行ったり来たり。

風の具合でスピードが出過ぎると、ジブを緩めてスピードを落とします。
でも、また走る為にジブを張ってもすぐにはダメで25~30秒かかります。
難しそう。。。
艇長の「タック!」の声と供に、ロープを締める為に、力いっぱい巻き込みます。
するとバッと威勢のよい音を上げてジブが翻ります。

1分前、50秒、40秒、30秒、20秒、15秒、10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、ピーーー!

ああ、出ちゃった。。。か、前過ぎだ~ が大半。
しかし最後の方は呼吸もあってきて、 おう!15秒手前でgoo!! が2回 (^^)v
c0118352_472741.jpg

c0118352_351051.jpg途中雲行きが怪しくなってきたので、昼食は後まわしにして練習することに

jakkyの持って行った「3色柏餅」と、nさんが焼いてきてくれた「ソバクッキー」で小腹を満たして。

練習が終わり帰港した午後3時過ぎからは、みんなで持寄ったものでワイワイ遅い昼食(^^)
その様子はコチラ → <manbouさん blog


c0118352_49561.jpg
<jakkyが新しく学んだこと>

①出航時、帰港時の舫ロープ処理(理論のみ)

②ビルジの使い方、溜まった水やオイルの抜き方(実地)

③ジブの張り方(すっごく力がいるので、1回だけ体験程度)

④食器を洗う時の注意点(実地)

HINANOちゃん、今日も一日ありがとう!!016.gif
[PR]

by jakky123 | 2008-05-07 00:15 | study

無謀にも、夜景に挑戦

昨日は一日中、会社に持っていった一眼を覗きたくて、仕事中もウズウズしていました。

高速道路も走るのが見える高層ビルから夜景を撮ってみよう!と思い立ち
帰りの方向は逆ですが、汐留にむかいました。

26F以上は客室で行かれません。25Fは宴会場。
24Fのラウンジに夜景を撮りたい由を断って、窓際に着席。

眼下のビルや高速道路にレンズをむけてみました。
c0118352_13113086.jpg
シャッターを押してから切れるまでに5数えるくらいの間があります。
手ぶれ補正してくれても、やっぱりブレてますね~。。

中のライトが写ってしまっています。
とくに何も調整せずに自動で撮りました。

c0118352_1313155.jpg
こちらは、今までのカメラ

普通にとると建物の色まで
しっかり写ってしまうので
露出は-2.0に落としました。
やはりだいぶ違いますね
[PR]

by jakky123 | 2008-05-03 13:15 | study

初撮り

c0118352_1111972.jpg
1年間ハンディタイプのインスタント
デジカメを使っていました。
見たものと撮れたもののギャップに
www。。。
Kさんが一眼レフを勧めてくださり、
悩んでいましたが、blog1周年の
記念に(^^)v

<Canon EOS Kiss X2>
初心者向きで無理せず、自動で
初めの一歩!
c0118352_113242.jpg

c0118352_1284087.jpg
1輪の花だけにピンポイント。
まだまだ甘いですが、
まあ初撮りってことで、、

当分楽しめそう(^^)

More もういっちょ!
[PR]

by jakky123 | 2008-05-02 23:58 | study

HINANO セーリング vol.3   

c0118352_7355468.jpg4/6 よい天気&丁度良い風のなか、HINANOセーリング練習に行ってきました。

艇長はMさん、
ケンノスケカップに出られるメンバーの練習がメインですが、
一つ一つの作業を説明してくださって、初めて聞く用語の解説つきで、ヨットが帆走する仕組みが少しわかりました。
c0118352_7363489.jpg

タッキングの練習はみんなの協業だなあと実感!
左右で状況を見ながらロープを巻いたり出したり、舳先に飛んでいったり。。
息があうほど、何回もやるほど手際よくなり
ジブがバッと音をたてて反対にひる返るった時には気持ちいい!

パチパチパチ!
錘役の3人は帆と反対側にすばやく移動しながら拍手(^^)v
c0118352_7373062.jpg
風の見方のポイントを習い、前回の顔での感じ方も復習。

前回私が舵を握らしていただいたので、今回はIさんが練習もできました。

風はコーチャンの予告どおり!
出艇の頃には丁度よい北風が吹き、途中は舵取りが不慣れだと風を見失うほど凪いでしまい、タッキングを繰り返して帰港する頃には、陸へ向かう南風が程よく吹きました!
さっすが~!と感心しきりのjakkyでした。

そして、jakkyが課題にしていった「 ロープワーク 」

Sさんが二人分のロープを用意してきてくださったので、
行きのバスですでに練習してきました。

何回もやってOK!だったはずが、実際のロープで咄嗟にやるとなると
あれ~???モタモタ・・・
帰港して片付けの中でチョットはHINANOメンバーの末端に座れた?気分も味わえました(^^;
c0118352_738654.jpg←エイトノット結び

言葉の響きが
いいですよね

↓フェンダー結び?

クラブヒッチの写真は撮り忘れました(^^;
c0118352_7382369.jpg

c0118352_7384087.jpg
舫(モヤイ)結び

生活の中でも役に立ちそうですね。

More 富浦は桜が見ごろ!
[PR]

by jakky123 | 2008-04-07 06:21 | study

八丈島紀行 ⑤  黄八丈織り体験

山下のお宿での「黄八丈織り体験」をmintoさんが10時~申し込んでおいてくださった。
c0118352_7232213.jpg
jakkyは織物は初体験!
不器用なので一番簡単そうな織りがらをチョイス。
シャトルと呼ばれる下に車が付いた糸巻きを左右に渡し、
足は4本の棒を踏み分けて。
<平織り>
右⇒左は①と③を踏み、
逆は②と④ 足の踏み方で織が変わる!
2回づつトントンと糸を詰める
c0118352_728387.jpg
縦糸はすでに準備されていて、通常の反物が150本のところを50本、1/3巾です。
調子よくできるようになった頃には終了!

4人の作品展です。
左から Hさん作、Tさん作、Sさん作、そしてjakkyのは右端
c0118352_744586.jpg


外に染め糸が干してあるというので、見学に行くとご主人が丁寧に説明してくださる。
c0118352_68844.jpg
「カリヤス」の葉で絹糸を何度も煮ると、黄八丈独特の黄色に。
c0118352_685998.jpgピッとしめる黒。
「しいの木」を炭にして大釜で何度も煮た後、泥の中にいれて漆黒に染める。

この泥池にはナント!真っ赤な金魚が泳いでいました。
c0118352_6253762.jpg
茶色は、山に行ってチェーンソウで「タブの木」を切り出して来て、剥いだ皮で何度も煮出す。

織る前の下準備が、重労働ですね。。

↓そしてこのような美しい糸ができあがります。
c0118352_6111666.jpg

c0118352_6381232.jpg
友人達へのお土産は、<黄八丈の可愛いストラップ>と<黄八丈サブレ>
[PR]

by jakky123 | 2008-03-06 07:52 | study

八丈島紀行 ④  ミニコンサート ⇒ 抜舟

c0118352_6463079.jpg
3/2朝8:30、MさんをBirdsまで送っていくと、K也君が出迎えてくれました。

ピアノのミニコンサートで「ちょうちょ」を熱演!
一生懸命弾いてくれてありがとう!
c0118352_6492788.jpgMさんと別れて、姦しい+ワンの愉快な4人組は、神湊漁港の先にある「抜舟の場」へ。

風がビュービュー吹いていて寒く、波も荒い。
宇喜多秀家以降265年間、
ここは流人たちが故郷目指して命がけで舟を漕ぎ出した場所である。
c0118352_704197.jpg

c0118352_712880.jpg実際に抜舟が行われたのは15回

その多くは潮流にのまれたり、追手に捕まり死刑。
成功したのは1件だけだそう。

c0118352_783822.jpg

c0118352_793150.jpg
八丈富士と神湊港と灯台と海が融合していて、景観はよいのですが、いかんせん風が強い。

すっかり冷え切って車に戻り、次の予定地へ。
c0118352_710790.jpg
向かいにある洒落たホテルは廃業していました。
空港から離れていて、町からも外れているし。。。アテも外れたのでしょうね
[PR]

by jakky123 | 2008-03-06 07:17 | study