カテゴリ:温泉&宿( 22 )

ほてい屋 <湯布院>

別府から大分自動車道で由布岳をぐるっとまわり、20分で湯布院到着。

初めて湯布院を訪れたのは、17年ほど前に連合いが福岡へ単身赴任していた時。
5月の連休に4泊5日で連合いのアパートを尋ねたら、福岡市内はモチロン、
佐賀や湯布院、別府につれてきてくれて、あちこちの温泉に入りました。

10年前に、大分の伯母に会いにいとこ会で総勢50人以上が現地集合・解散で来た時も
連合いと福岡⇒耶馬渓⇒天ケ瀬⇒別府⇒大分でいとこ会⇒湯布院⇒くじゅう⇒黒川温泉と廻り、
湯布院⇒くじゅう⇒黒川ルートはすっかりお気に入り♪
伯母に会ってその後のお楽しみは今回で4回目です。

湯布院は黒川温泉のように湯めぐりができない(立ち寄り湯ができない)ところが殆どなので
泊まるところをチョイスする時は、お風呂が最優先事項になります。

しかし、今回は出かけ間際に選んだので不安でしたが、
前から目をつけていた「ほてい屋」さんに空きがあってラッキー!
c0118352_10505577.jpg

c0118352_11113525.jpg


料理長が腕をふるってくださる懐石料理もるるぶイチオシです。

茅葺屋根の旧家を湯布院に移築したので、竈も炉端も黒光りする柱も
付け焼刃でなくホンモノの重みがあります。

c0118352_112281.jpg風呂上りに
卵とさつま芋の
蒸したてサービス!!

夜は同じ炉端が「よっぴー亭」になり、大分の麦焼酎や芋焼酎が<飲み放題>。
アラレも炉端で自分で炒ってお摘みに。
c0118352_1181381.jpg
よくあちこちの旅館で、夕食後にラーメンやうどんのサービスがありますが、
オナカ一杯の時に食べにいく元気はなく、逃しています。
下戸の方も温泉ゆで卵やさつま芋お蒸し、あられが食べられますし、
ウワバミさんは焼酎飲み放題! これなら絶対にいきますよね(^^)v

由布岳を眺めながら入る露天風呂が気持ちいい。
c0118352_11133388.jpg


皆様いつも応援をありがとうございます。

くいしんぼはmoreで。

とても丁寧なお仕事の懐石で感激!
リーズナブルなお値段で申し訳ないくらい。。。

今日もお手数をおかけしますが コチラ↓をポチッと お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

More たしかに!美味懐石♪
[PR]

by jakky123 | 2010-08-14 10:08 | 温泉&宿

別邸<仙寿庵> スキーの後は 雪見酒

箱根や静岡の暖かい地域の温泉も大好きではありますが、
やはり1シーズン中に一度は雪見酒を呑みながら露天に浸かりたい。。

ついでに今シーズン初のスキーも楽しみたい(^^;
という欲張りなjakkyの願いを従兄妹達がかなえてくれました。

「30周年記念で、お一人様につき ¥7000引きの案内が来てたよ♪」
という鶴の一声に即決!
2週間前に電話してみたら、一番安いお部屋がキャンセルが出たという。
▲¥7000×3人 のサービス価格で泊まれて、
太っ腹な 別邸<仙寿庵>さん ー群馬・谷川ー に感謝!

朝9:00に我が家を出発。
雪もなく、関越道もスイスイで11:30には、
ホワイトバレースキー場で滑り初めていました。
 
ローカルなこじんまりしたゲレンデながら、降雪機もあるので150cmの積雪。
中・上級は結構な起伏もあり、年1回くらいしか滑らない者には充分楽しめます。
前日雨が降ったせいで、ちょっとベタベタではありましたが、、c0118352_1211588.jpg
やはり頂上付近は
見晴らしもよく気持いい♪

滑走すると、
日頃のストレスも
吹っ飛びます(^^)
仙寿庵に着くと、アロエ饅頭がお出迎え
c0118352_1235512.jpg

冷えた体を暖めにスグにお風呂に飛び込んで、
残り雪を見ながら、雪見酒♪
c0118352_1253945.jpg

そして、待ってました! の夕ご飯
c0118352_1282874.jpg

c0118352_1443969.jpg

c0118352_1445858.jpg


皆さま、応援をありがとうございます。

ごはん作りもお掃除も片付けもしない
優雅な休日を堪能できたので、今日からまた
頑張れそうです。。。

今日もコチラ↓をポチッと お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

More 雨降りの 朝ごはん
[PR]

by jakky123 | 2010-03-08 23:58 | 温泉&宿

柳生の庄 <修善寺>

先日の国立劇場での歌舞伎の演目が「修善寺物語」でしたので、
修善寺温泉の方達が緑のハッピで温泉の紹介にみえていました。

修善寺に行く時は「新井旅館」が多いのですが、丁度そこでお会いしたのもご縁。

その数日前、急に決まった「骨休めの宿」を探して、
今までに行った各地の宿10軒以上電話をかけてみたのですが

「申し訳ございませんが、おかげさまで暮~お正月は埋まっております。
 1/5以降でしたら・・・」
と版で押したような回答でしたので、どうしましょう。。

帰ってからだと遅いのでネット予約しなきゃ、、と、思っていたところだったのです。
なんてタイムリー!

ハッピの方にすぐにお電話をしていただいたら、
空きがあるとのことで、3日後の予約をお願いしたのです。

一年間の自分へのご褒美(^^;と、
旅行貯金も行く回数が減って貯まっていることだし、ちょっと奮発♪

竹林に囲まれ、落ち着いた静かな宿で、大きな露天風呂が40年の歴史を感じさせます。
c0118352_10374821.jpg

朝5時からゆったりと温泉につかり、今年一年を振り返って反省や感謝をし、
すでに始まっている次の難関に備えるべく「心と気持」に滋養を供給しました。

(夜はお夕飯ギリギリの時間に着いたので、食後に酔っ払い状態でした(^^; )

お食事も手の込んだしつらえ、素材も厳選された懐石で、お酒もススミマス。
c0118352_10452269.jpg

c0118352_1046177.jpg


数々の美味しかったお料理は、moreで。


まだこの後、夜UPする予定ではありますが、大掃除と
喪中で色モノ系は作ってはいけないらしい「おせち作り」で今日間に合わないかも。。。
ご挨拶だけ先に。

皆様、稚拙なmy日記にご訪問いただきまして、1年間ほんとうにありがとうございました。

今年はいろいろな出来事が嵐のように、波のように、、襲っては引きの繰り返しでしたが、
いつも何かに守られていると感じ、皆様の優しい言葉やコメントに元気づけられました。

そのうちご報告する時が必ず訪れますが、すでに勃発している別件も
不安要素だらけですが、笑って楽しく頑張って行こうと決意しています。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。



皆さま、毎日の応援をありがとうございました!

そして来年もポチッと よろしう お願い申し上げ奉りまする~~♪

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

More  懐石膳 
[PR]

by jakky123 | 2009-12-31 07:23 | 温泉&宿

オーベルジュ・川平(カビラ) <景色>

c0118352_10392012.jpg今回の旅行で唯一の「贅沢」をしよう!

と、最後の晩は、
美味しい物を食べ、
風光明媚な景観を
楽しむ為の宿
オーベルジュ・川平>を予約。

童話から抜け出したような
ネコチャンがお出迎えしてくれました♪

お部屋は広い必要もないので、安いほうにしましたが、
oldカントリー調のこざっぱりした部屋の窓からは、
風光明媚で有名なカビラ湾が独り占めできます!
c0118352_1039514.jpg

c0118352_10442454.jpg

c0118352_10445439.jpg


More 朝やけ
[PR]

by jakky123 | 2009-08-22 06:48 | 温泉&宿

沙羅亭  <仙石原>

仙石原は箱根の中でも白濁の湯が好きで、年1回くらい「仙郷楼」に泊まりにいきます。c0118352_23341277.jpg

今回はちょっと目先を変えてみようと、その斜向かいにある「沙羅亭」にしてみました。
老舗旅館を近代的にリニューアルした感じです。

待望の白濁の湯「貸切風呂」
ちょっと温めでしたが、日本酒を飲みながらゆっくり入るにはいい湯加減です(^^;
時間制限はとくにないのですが、一応40分くらいで切り上げてワイワイと女性風呂へ。
4合瓶が空いたから。。。というウワサも。。。
c0118352_23402155.jpg

c0118352_23573423.jpg
呑んでいたのは、こちら
「ひやおろし 浦霞」
usakoさんblogで触発されて、この日のために買っておいたお酒です。

「冷や卸し」
江戸時代中期、しぼられたお酒を大桶に貯蔵し、外気の温度が冷えて大桶内の酒の温度と同じくなる初秋に小桶に分け、卸した酒が熟成度合いも良くことのほかうまかったことから、あちらこちらの酒造で造られています。

初秋(9月~10月)限定の季節の味わいですね。

本当はおいしい夕食と一緒に戴きたいのですが、宿のお酒を注文しなくてはいけませんから、
お風呂で木桶にグラスを入れてドンブラコ呑みです(^^;;


女性風呂「姫」
こちらは41度くらいでしたので、ちょっと冷えてしまった体が温まりました。
c0118352_2348482.jpg


c0118352_0204439.jpg
待ってました!夕ご飯!!

冷酒をお願いしたら、こんな粋なあしらいでした。

「秋櫻」というひやおろしも持っていたので、あやうく出してしまいそうになりました。。。
(その秋櫻は、夜中にまたまたお風呂で呑んでしまいましたとさ(^^;;;)


秋の彩りが盛り込まれたお料理は、
どれもとても手をかけてあって美味しく、
料理長さんのこだわりが伝わってきました。
c0118352_0211452.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-10-09 22:23 | 温泉&宿

若竹の庄・笹音  <鬼怒川>

夏休みです! 鬼怒川に涼を求めに行ってきました。

奥鬼怒は何回か行っていて、八丁の湯、可児(カニ)湯、一柳等に宿泊していますが、
鬼怒川はその途中での遊び場というイメージでした。

東武ワールドスクウェア、日光猿軍団、トリックアート、江戸村、ライン下り、竹久夢二美術館
どれも何度も訪れている鬼怒川近辺の遊び場です。c0118352_2103210.jpg

でも、以前より気になっていた宿があって、今回その< 若竹の庄・笹音 >が空いていましたので
8/10(日)-11(月)で10日前に予約をいれました。

部屋のお風呂は24時間かけ流しの源泉です。
夜中や朝に入るときはこちらで。
風呂の窓に板がはってあって、お洒落な目隠しですが
外の景色も見えにくい。。
c0118352_21175.jpg

c0118352_211356.jpg
夕ご飯前には大浴場の広い湯船や益子焼きの陶器風呂、露天風呂に浸かって手足を伸ばして、、、

う~ン。。。気持ちヨカ~!!!
c0118352_2115721.jpg待ってました!
夕ご飯

食べきれないほどの量です!

どのお料理にも器にもキメ細やかな拘りが感じられて、美味しかったです♪
完食したので、メタボ腹が一丁上がり!

More  朝も。。で2kg 増
[PR]

by jakky123 | 2008-08-12 02:36 | 温泉&宿

雨の五右衛門・露天風呂 

c0118352_238227.jpg
6/1に伺った山梨・白州にK&Tとその仲間達で作った手造りの家(バンバレー)を再訪しました。

あの時に風邪で行かれなかったKちゃんとTさんとjakkyで、3人寄れば姦しい珍道中です(^^;

前回は<手造り五右衛門露天風呂>に入り損ねたので、今回はそれも楽しみでした。

でも、土日と雨の天気予報です。
朝は雨だったのですが、向かう途中は太陽も顔を見せてくれたのですが、山梨に入るとパラパラ。。
c0118352_2342529.jpg
着くとすぐに、途中で買ってきたおにぎりやヤマメの塩焼き、コロッケ、Tさんが作ってきたおかずで遅いランチ

ご飯の後片付けも済んだ頃、Tさんが雨の中で傘をさしながら、五右衛門風呂に我が家から持参の蔦枯れ木で火をつけて、薪をくべて沸かしてくださいました。

温泉のモトも入れて「白濁の湯」が一丁上がり!!

jakkyが入っている間は雨も上がって、木立の中の五右衛門風呂を堪能しました!

c0118352_2365871.jpg


More  本格キムチ鍋
[PR]

by jakky123 | 2008-06-22 23:33 | 温泉&宿

手作りの、ランプの家

ヨットのオーナーご夫妻K&Tが、山梨・白州に仲間達と30年前に造った
手作りの山小屋風の家に、5/31-6/1に遊びに行きました。

一緒に行く予定でしたKちゃんはヨットレースの時に具合が悪いのを無理して出場したのが響き
その後1週間会社をお休みしたそうで、今回はパス。お大事に。

Tさんと私は、高尾駅でI夫妻の車に拾っていただいて、途中「増富温泉」に1時間半浸かり、
買い物したり、雨の中で咲き乱れている薔薇を撮ったりしながら行ったので18時半到着。c0118352_3145663.jpg


外はもう暗くなっています。
この家にはガスも電気もわざと通していません。

だから薪ストーブで調理し、ランプの光が頼りです。

c0118352_3202437.jpg
手作りの小さな風力発電はありますが、トイレなどの必要最低限です。

ランプは下の皿に灯油を入れています。
c0118352_01772.jpgおかずを作る予定で買い物をしましたが、お腹ぺこぺこだったので、
途中のスーパーで1匹買って刺身にしてもらった「アマダイ」をメインディッシュに、
アラと大根のスープ、黒ゴマ豆腐、私が作っていったゴ-ヤチャンプル&マリネ&浅漬け、
Iさんが手作りしてきたパンで酒盛り開始!

小屋の住人Tさんが釜で炊いてくれたご飯、オイシカッタ~!!
c0118352_320393.jpg

c0118352_32186.jpg
翌朝は抜けるような青空の清々しい朝!
昨晩の幻想的なランプの光の部屋とは一転し、爽やかなロッジが出現。
c0118352_333475.jpg
この薪ストーブで煮炊きもお湯を沸かすのも全てやります。
c0118352_3342121.jpg

c0118352_335466.jpg
別棟にタイル貼りの大きな内湯もありますが、この露天の
五右衛門風呂!

今回は入れませんでしたが、是非満天の星空の下で浸かりたいです(^^)
c0118352_3424318.jpg
昨年は野菜をいろいろ育てていたようですが、今年は縮小し花が沢山咲いていて、
癒しのお庭になっています。

庭に生えている食べられる野草を教えて戴いたり、朝ごはんの後は、森に山菜摘みに行きました。
戻っての昼は沢山収穫した「タラの芽」や「コシアブラ」を天麩羅にして蕎麦といただきました!
<別出しします>
[PR]

by jakky123 | 2008-06-02 00:30 | 温泉&宿

桜の抄   <琴平>    

4/18の夜は、金丸座から徒歩3分のところにある 琴平グランドホテル「桜の抄」 に宿泊。

歌舞伎を観たあと、ひとっ風呂。
他の旅館のお風呂もタダで入れる通行券をくださったので、他へ行ってみようと誘いましたが
あとの3人は桜の抄の風呂でよいというので、jakkyだけ他へ行くことに。

さて、、、どうしよう。
夕飯までに1時間15分しかない。
歩いて探していたらアっという間に終わってしまうので、フロントに相談。
同じグランドホテルの姉妹店の「紅梅亭」なら、往復車で送迎してくれるというので、即決定!

「紅梅亭」の露天風呂は庭園風呂で、立ち湯もあってなかなか。

金毘羅歌舞伎で狭いスペースに、3時間も足抱え座りや横座りしていたので、
骨折箇所の第3腰椎が悲鳴をあげています。
立ったままで入れるお風呂は最適!中でゆっくりストレッチしてほぐしました。
c0118352_5573577.jpg
「桜の抄」に戻るとすぐに
食事処「花見世厨房・ゐきり」へ。

この時期にあわせて改装した店内は、モダンでお洒落。
係りの方の対応も丁寧で細やか。

座席には、役者の名前を書いた旗が用意されていて嬉しい心遣い。
私は勿論!海老蔵旗の席に座りました(^^)v

4皿のは四国各県を現していて、特産品で料理されています。
c0118352_5552725.jpg

c0118352_603818.jpgイケメンの人が焼いているパフォーマンスも絵になっています。
鮑かステーキはチョイス。2人づつシェアして両方楽しみました。
c0118352_625735.jpg
桜鯛のしゃぶしゃぶを食べ終わると、皿の絵でまた楽しめます。
この時期だけのお皿ですね(^^)
c0118352_643185.jpg
お遍路さんを模したシンジョ揚げ
出ました「讃岐饂飩」
食べ方は選択でき、温玉ぶっかけで。
もう入らない、無理~!
と言いながらも、美味しいので。。。
全員完食!!

夜遅くにお風呂にいくと、一人ジメでバラのお風呂を楽しみました。
途中でもう一人入ってきたので、その人が出るのを待って撮影。
c0118352_6182759.jpg
長風呂になったので、部屋で待っていた友人達は心配したとか。。すいません。
c0118352_619301.jpg
翌朝のバイキングは、品数も、味も、鮮度も、並べ方も、対応も、今までの中で一等賞もの!

このあともいろいろと取りに往復し、お腹イッパイ!

すべてに満足できるお宿でした。

More 夕飯のおとも
[PR]

by jakky123 | 2008-04-24 04:55 | 温泉&宿

八丈島紀行 ⑩ ホテル

八丈島1泊目は「八丈シーパークリゾート」
c0118352_722754.jpg三根のBirdsCafeから近いということで選びました。
部屋からの朝

夜はBirdsで宴会なので、朝食(バイキング)のみで八丈富士サイド
(海側は+¥1000)
3人部屋@¥7000と2人部屋@¥8000
仲良し5人組は算数して@¥7400

大浴場もあったようですが、夜はおそくてダメ。
朝は部屋のユニットバスに入りましたが、お湯がもれてしまうのでブブー。
隣の部屋も同じだったので、帰りがけフロントに言いました。

2部屋続きでとってくれてたのはいいのですが、部屋と部屋の間に行き来できるドアがあるのに、鍵がかかったまま。
同じグループと解っているのだから、聞いてほしかったな。

てっきり「じゃらん」でカード引き落としになっていると思っていたjakkyは、
KEYを返してにこやかに出ようと駐車場へ、ホテルの方が車まで追いかけてこられました。
びっくりさせてごめんなさい。

c0118352_7494052.jpg2泊目は南原千畳敷に近い「八丈ビューホテル」をチョイス!
観光の途中で荷物を置きに寄ったのですが、とても丁寧な対応に感激!
2室とも和室でしたが、Mさんが朝食の時に「次のホテルもベットですよね?」と聞いてたな~。。
お願いしてみると同じ階のベッドルームを即座に用意(^^)
c0118352_7332384.jpg
朝食もじゃらんコピーの料金でやってくださって、爽やかな対応は気持ちよかったです。

夜も遅くなる由伝えたら、大浴場に12時すぎまで入れるように申し送りしてくれてましたし、
八丈太鼓の観光ができるかのチェックもしておいてくれて、本当にありがとう!
朝食もとても美味しくいただきました!!!
素泊まりワリカン@¥6000+朝食1550(⇒1050)
[PR]

by jakky123 | 2008-03-11 07:47 | 温泉&宿