<   2008年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

写楽  <目白>   

1年前の初ブログが、お芝居の「写楽」でした。

先週、四国のお土産を届けに目白に行った時に、Hさんが連れて行ってくださった店が
< 写楽 >だったので、この記念すべき日にUPしようととっておきました。

店内が暗かったので、写真も写りがイマイチですが、味はgoo!!!
c0118352_033170.jpg

海老で鯛を釣ってしまったjakkyでした(^^;;;

ごちそうさまでした~ 012.gif
[PR]

by jakky123 | 2008-04-30 00:34 | 呑み処

こんぐらちゅれーしょん 1歳

c0118352_2354995.jpgじゃじゃじゃーーーん!!

blogを始めて1年経ちました!

きっかけは、小学3年(今は4年)の孫に日記を勧めたので、自分も書こうと思い立ったのです。

たまたま友人がexblog(遊ぶろうぐ)をやっていらして拝見。
やってみたら私にも簡単にできたので、よし!これで自分の足跡をつけてみよう!!

そして、1年経ってみたら、blogを通じて知り合った友人が増え、もっと輪が広がって
ヨットにも乗らして戴くようになり、四国にも友人ができ、八丈島のblog友の所にも遊びに行き、
旅行を通して友人関係も深くなりました。

コメントはなかなか戴けないけれど、毎日70~90くらいのアクセスにも励まされて、
書く悦びも教えてもらいました。

飲食店には断って写真を撮るので、店の方も面白がって盛り付けを工夫してくださったり、
もしかして美味しいところを出してくださることもあったのかも。。
店の方とも仲良くなれて、思わぬ特典も(^^)v

興味のなかった写真も、より美味しそうに、より美しくと工夫するようになり、
blog友Kさんにもイロハの手ほどきを受け、
一眼レフを欲しくなり、、、、、
ついに1周年を記念して手にいれました。
(この写真は今までのインスタントデジカメです)

後まで残るものなので、適当な事を書くわけにいかず、調べるようにもなりました。

1歩踏み出してみたら、別世界にワープしたみたい!

blogをやってよかった!
これからも無理せず、楽しみながら、できるだけ毎日更新を目指したいと思います。
[PR]

by jakky123 | 2008-04-30 00:01 | 徒然草

モミジ刈り    

日ごろお付き合いのない隣の奥さんから2週間ほど前に声を掛けられた。

「お宅のモミジの木の枝が、家の壁に障っているので、切ってください」

「高枝鋏もないし、休日も出かける予定なので連休まで待っていただけますか?」


連休も出かける予定がいくつかあり、カレンダーどおりに仕事だし、
今日を逃すと大変!!

高枝鋏は先日、息子の所に行った時にみなとみらいのホームセンターで買っておいた。
天気もいいし、いっちょう頑張るか!

説明書を読んだら、まあ簡単そうだけど、一番高い枝に届くかな~?
屋根に届くほどスクスクと元気に育ってくれて新緑が陽の光に輝いてる。
広い庭なら切られるほどの広がりじゃないのに、ゴメンね~!c0118352_19285267.jpg

隣との間の塀から出ている、
モミジもモクレンも河津桜も
枝の先端をバッサバッサと切り落としました。

隣の奥さんもでてきてコチラを観察している様子。

ネコの額ほどの庭だからすぐに境界線を越えちゃうのよね~。。
隣の壁も塀から20cmしか離れてないしさ。。


葉っぱが落ちる頃は迷惑でしょうが、葉っぱが壁に触れたからって窓がある訳じゃないし。。
なんて思ってても言いません。

チョキチョキチョキチョキ
c0118352_19343837.jpg
ついでにこちらも散髪(^^;;

隣のトイレの窓が網戸にして開けているので、息子の部屋との目隠しだから、これ以上はCUTできない。

塀ぎりぎりに生えているのですから、後から建った隣の接近ブリが解りますよね
(^^;
奥の家とも接近。でも人間関係は疎遠。。。
[PR]

by jakky123 | 2008-04-29 19:44 | 徒然草

庭の花 小手鞠   

c0118352_1216279.jpg
やっと咲いてくれました。

愛らしさが好き。
c0118352_12404244.jpg

c0118352_124136.jpg
[PR]

by jakky123 | 2008-04-29 11:18 | 四季の彩り

天下一 なぎ屋  <西荻窪>   

西荻窪の花 美容院に2ヶ月に一度くらい行き、カットとへナ染めをしていただく。

Kマスターのカット技術に魅了されているので、「花」一途である。
美容院の他のメンバーも素敵な方ばかりでさりげない気遣いやおしゃべりも楽しい、
飾ってある珍しい花、よく見つけてきたな~というユニークな本、マッサージ、
どれもとても癒される。

今回も「おみやげ」の本を見て、温泉パンやグーテ・デ・プリンセスで盛り上がってしまいました。
喜連川温泉パンが美味しいと私が言うと、Kマスターは隣町の出身だそう。
今度、是非買ってみてね!
つい先日行った、香川・丸亀も載っていたので、惜しかったけど。。

すっかり綺麗に仕上げていただいた帰り道。
数軒先で威勢のよい呼び声がしていたが、他の洋品店を覗きながら駅へ。

ん、なんか気になるな~。。と戻ってみました。c0118352_118229.jpg
やき鳥・やき豚の居酒屋< 天下一 なぎ屋
方南町と中野新橋との3店だそう。

若い人達でやっているので威勢がいい!

安い!料理が¥500~900単価が多い。
焼酎は大方¥500

c0118352_11162726.jpg「馬刺し盛」は、馬刺しとタタキの盛り合わせ。¥800

タタキがイマイチでしたので、「値段を高くしても刺しだけの一品を作って~!」とお願いしてみました。
次回できてたら嬉しいな。

「新玉ネギスライス」は山盛りで¥200。
「炙りレバー」もこんなにたっぷりの量で¥450!
c0118352_11362455.jpg
店員N君のイチオシはこの「もつ鍋」

今日は一人でぶらり立ち寄りなので、食べられなかったけど、
誰か誘って来よう!
[PR]

by jakky123 | 2008-04-28 23:54 | 呑み処

栗林公園②  彩り     

c0118352_11434032.jpg椿がとても綺麗に咲いていました。

長く楽しめる花なんですね。


白藤が満開!
青空に映えて輝いてみえました
隣の藤棚の紫は蕾だけ。
連休くらいでしょうか?
c0118352_10261850.jpg

c0118352_9592783.jpg池の周りは杜若が、楚々と。

別の場所に菖蒲園があって、それぞれ名前の札がつけてズラ~っと並んでいましたが、葉っぱだけで、花芽もでていません。
梅雨の頃さくのかしら。。?

c0118352_1001141.jpg
このあたりの敷石の隙間ごとに「壷スミレ」が咲いていました。

この花はどうやって木を登って根づいたのでしょう

ひと際可憐にみえてしまいました。
c0118352_1034398.jpg

c0118352_10112640.jpg
この花の名前が解りません。
桜のように葉が出る前に、ひょろひょろした木に花だけ咲いています。

c0118352_1014132.jpg樹齢どのくらいなのでしょうか。
ウロコのようにみえてしまう。。。

高松藩主が代々趣向をこらした庭園ですものね。
この松も時代の変遷を見守ってきたのでしょう。
c0118352_10194136.jpg

c0118352_10202595.jpg
燃えるように真っ赤なつつじが、遠景で見ると、庭園中の新緑を際立たせてくれています。
c0118352_10354751.jpg
庭内のところどころで群生していました。
(柵があって入れないので、片手伸ばし撮りでピンボケ・・)

小さな可憐な花でした。

少しの風にも頼りなげにそよいで。。


でも、こういう花ほど、強風にもなびいて折れずに上手く生きていけるのかも。。
[PR]

by jakky123 | 2008-04-27 09:29 | 四季の彩り

栗林公園①  <高松>      

順序が逆になりましたが、4/20(日)
ビジネスホテルは素泊まりでしたので、朝早く高松駅のロッカーに荷物を預け、
駅のパンやさんでモーニングした後、栗林公園をゆったりと散策。c0118352_1481245.jpg

33年前に来た時は、桜が満開で桜のトンネルを新婚ホヤホヤの2人は
前日結婚式で使った番傘をさして歩いたな~。。。

遠い思い出・・・・
c0118352_149841.jpg

c0118352_223932.jpg松の木って、こんなにクネクネ、くるんくるんとしちゃうのでしたっけ?

智恵の輪の林に迷い込んでしまったみたい(^^;;
c0118352_1495636.jpg
受付の方に絶景ポイントを教わったので、スタンプラリーのようにポイントを回りました。

水が凄く澄んでいて、綺麗なせいでしょうか。。
水面に向かいの山が映えていて
美しい!
c0118352_9464068.jpg

c0118352_1505057.jpg

c0118352_1511360.jpg
ぼんさんが簪買いにいく播磨屋橋じゃあござんせん。

池の中央にある絵になる太鼓橋、お姫様たちが着物の裾を摘んで渡ったのでしょうね~

橋のたもとでは友人達が、3本¥200の長~い棒状のお麩を買い、鯉の餌やりに興じています。


アノ子は、、、か弱いから食べれてない。
ホラ!お食べ!
アッ!!横取りしちゃダメ!アンタにあげたんじゃないってば~!
c0118352_2285042.jpg

c0118352_22007.jpg

鯉に餌をあげていたら、自分達も喉が渇いてきて、掬月亭でお薄を頂く。
その栗饅頭があまりにもおいしかったので、お土産に。我々が買い占めてしまったみたい。。
[PR]

by jakky123 | 2008-04-27 03:05 | 遊び・観光

奉納 連獅子  <成田山新勝寺>     

4/26(土) 成田山新勝寺に於いて、市川団十郎と市川海老蔵親子が
開基1070年記念行事のひとつとして、連獅子を奉納演舞し、無料で拝見できる!

というので、友人達と三鷹駅9:00に待ち合わせ、my X-TRAILで出かけました。

着いてすぐ、駐車場のトイレで整理券がないと座ってみれないと情報入手。
社務所では解らず、友人が観光協会に電話してみると、7割強は信徒さんや会員用。
15時から残りの整理券を配るので、並んでくださいとのこと。
c0118352_0303813.jpg
お参りをし、庭園を散歩したり、名取亭で昼食をゆっくり頂いて、
13時に「おねり」が始まるからと本堂に戻ってみると、すでに2時間も前なのに、
整理券の列が出来ている!!

駅から商店街を通って本堂への「おねり」を観に行く訳にも行かず整理券列に並び、
私だけ本堂前の広場で1時間以上おねり到着待ち。
c0118352_0351138.jpg
14:30に本堂前に到着し、信徒さん達の踊りが終わったあと、壇上で団十郎や海老蔵が挨拶。

お稚児さん達も花を添えていました。

整理券もゲットし立ち見回避はできたので、商店街に戻り、買い物やお茶して時間潰し。
16時には戻ったのですが、雲行きが怪しくなり、外でやるかどうかは17時まで未定らしい。
今度は席の列に並び、待つこと1時間半。日本人は本当にみんな辛抱強い!
待っている間にも、雨粒がパラ理と落ちましたがすぐに上がり、無事17時半開場、18時開演。
c0118352_1057350.jpg

団十郎と海老蔵親子で口上、そして連獅子。
圧巻でした!
10年ごとに開かれるこの行事です。二人の年齢といい、体力・体調といい、
今回がベストな演舞を目の当たりにできて、感激のひとときでした!

また正月公演では、海老蔵が親獅子、右近が子獅子。
今回は海老蔵が子獅子舞ったので、短期間に両方堪能できたのもラッキーでした 016.gif

More  リハーサル
[PR]

by jakky123 | 2008-04-26 23:28 | 歌舞伎

善通寺と丸亀城   <香川>

4/19(土)は、金毘羅歌舞伎第一部(11:00-14:00)えお観たあと、タクシーで善通寺へ。
c0118352_7403594.jpg

c0118352_741437.jpg四国八十八ヶ所霊場の第75番

1200年前、弘法大師が生まれ育った地に建立

真言宗善通寺派総本山で、高野山・金剛峰寺、京都・東寺と並ぶ大師3大霊跡

こちらの東院には五重塔もあり、境内は広々している。
金堂(本道)には薬師如来坐像

c0118352_7441898.jpg

西院には瞬目大師が祭られている。
c0118352_8101577.jpg
友人の一人は境内で業者が売っていた山草(白いセッコク)をお土産に購入。
真ん中は私が欲しかった雪マチ草。土産でこれ以上無理状態で諦めました(^^;;

私は小さなランドセルの形をした「お守り」をオチビさん達に買いました。
薬師如来なので、健康を守ってくれることでしょう。
c0118352_8223178.jpg
丸亀城に行くと、お堀のところにはいく筋も「鯉のぼり」がはためいていました。
東北で川に渡る鯉のぼりをあちこちで見たことがありますが、香川もやるのですね~。

荷物を入り口の観光事務所脇のロッカーに預け、身軽になって天守閣までの急坂を花を眺めながら登りました。
c0118352_8211872.jpg

c0118352_8213988.jpg
天守閣からは讃岐平野の夕暮れが見渡せ、空からは天使の階段が降りてました。

これから高松まで40分電車に乗らなくてはいけないので、帰りを急いでロッカーへ。


1個のロッカーの鍵が開かない!!!!
みんなで代わるがわるチャレンジするのですが、錆びた風の鍵穴は受け付けてくれず
ガタガタ音をたてるばかり。。

管理会社へ電話しても、本日の営業はおわりましたのアナウンス。。

丸亀城の番号に電話してみると、市役所につながり、事情を言うと職員の方が飛んできてくれました。
しばし格闘してくださった結果、開きました!!!ありがとうございました 016.gif
[PR]

by jakky123 | 2008-04-26 08:34 | 遊び・観光

こんぴら参り        

c0118352_6185115.jpg「一生に一度はこんぴら参り」の金刀比羅宮
33年ぶりのお参りです。
海の神様ですので、ヨットHINANOの安全祈願も今回の目的のひとつ。

「石段駕籠」は参道の入り口から大門までの365段を、男性2人で担いで往復してくれます。

我々は杖もなしで頑張って上がりましたが、両側の店には杖が置いてあって、無料で貸してくれ、どの店に返してもいいのです。
あったかさを感じますよね!
大門が境内の入り口。
二層入母屋造・瓦葺の重厚な門を寄進した初代高松藩主・松平頼重の像も脇にありました。
c0118352_619898.jpg
大門をくぐるとすぐに、両側に大きな白い傘を広げ、緋毛氈の5軒の飴屋が並んでいます。
「五人百姓」と呼ばれ、境内で唯一営業を許されていて、「加美代飴」を売っている。
扇型の小さなべっこう飴で、行きにご馳走になった店で帰りに買いました。6枚入り¥500
c0118352_6192250.jpg

c0118352_6194612.jpg参道の両側には石灯籠や寄付した方の石柱がずらっと並んでいます。
桜の時期は花のトンネルできれいでしょうね~!
今はところどころで八重桜が歓迎してくれてました。

「こんぴら狗ゴン」
江戸時代に、お参りに行けない主人に代わって、飼い犬にお参りさせる「代参犬」という風習があったそうです。
それをイラストレーター湯村輝彦氏がキャラクター化したもの
c0118352_62033.jpg

c0118352_6223040.jpg旭社まで階段を上っていくと、結構いい汗をかきました。
2人はそこで休んでいるというので、荷物を預け身軽になって2人で本宮まで、もう一頑張り!

案内も付いた男性の団体客と抜き合いながら785段の最後の御前四段坂と呼ばれる急な石段を上がって本宮へ行くと、丁度神楽が始まりました。

厳かな笙の音の響き渡る中で、HINANOの安全航海をお願いしてお参り。

瀬戸七富士や瀬戸大橋も見渡せる景色を堪能!
c0118352_6224954.jpg

c0118352_6551858.jpg
c0118352_6563528.jpg

c0118352_6565429.jpg上りは辛かったですが、下りは急階段でもあっという間!
[PR]

by jakky123 | 2008-04-25 05:30 | 遊び・観光