<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

庭の花  玉簾と鳳仙花

プランターに植えている花が、今年も数輪咲いてくれました。

「玉簾(タマスダレ)」
c0118352_630446.jpg

c0118352_6493499.jpg

名前からすると、もっと大量にズラーっと咲けば、細い葉に花がささって簾のようなのでしょうね。

これも「ヒガンバナ科」だそうですが、英名のレインリリーの方が清楚な花にピッタリな気がします。





「鳳仙花」 釣舟草科

ホウセンカって、なんか懐かしい。
子供の頃の明確な思い出がある訳ではないのですが。。。
c0118352_631562.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-09-30 06:35 | 四季の彩り

コンサート♪な結婚式

9/27成田HILTONホテルで行われた26歳の甥H君の結婚式に御呼ばれして行ってきました。

全部息子が計画しているだけなんで、親も行くだけなんだよ、、、とのことだったので、
なにかサプライズはあるだろう。。と期待していました。

H君は小さい頃からとても優しい子、お父さん方の親戚の一部と彼女のご親戚が千葉なので、
成田のホテルをチョイスした事は容易に想像できます。
お式から参列でしたので、朝6時半に家をでて、義兄を迎えにいきながら、実家のKの運転で
秋晴れの気持ちよい青空の中、成田に車を飛ばします。

最近の結婚式は友人が多く、親戚は少なめが主流ではないかと思うのですが、
優しいH君は自分を可愛がってくれた親戚を皆呼んでくれたので、
親族紹介で並んだら、2重になっても部屋に入りきれないくらいです(^^;;c0118352_1362311.jpg

お式はホテルのチャペルでした。

ガラスの向こうに滝の流れる庭が借景になっています。
少し紅葉もはじまっていて、爽やかな感じ。

指輪の交換の時に、二人が見詰め合っていたのを見て
感動の涙がポロリ。。。


悩める時も健やかな時も、
お互いに信頼し助け合って、
楽しい家庭を作ってね♪
c0118352_1341960.jpg

フラワーシャワーの後の投げたブーケを受け取る例の儀式で、花を受け取っちゃたのは
おばあちゃんだったので、あらら、、、天使が通りました(シーーーーン)
若いお嬢さんたち、こういう時は遠慮していてはダメですよ~!

ケーキカットも両家の両親と6人で。
ここでも、若い二人の優しさにジーンときました(^^)v

キャンドルサービスは、各テーブルから一人づつ16人が前に呼ばれて(jakkyも指名されました)
二人からキャンドルの火を受け取って、自分の席に戻り待機。
二人が点火するときに一緒に点火です。聖火ランナーの気分
c0118352_1312677.jpg

そして、125人の列席者の1/3が一斉に席を立ちました。

二人が知り合った吹奏楽団や活動していたオーケストラの混成楽団のコンサートです!
皆からの祝福の上質なメロディが広い会場に流れていきます。

途中から花嫁がクラリネット、花婿がトロンボーンで参加です。
c0118352_14491275.jpg
そして、、、さらにサプライズ!

オーケストラの演奏終了後、二人から御礼の演奏が。
今度は彼女はピアノで彼のトロンボーンの伴奏をし、温かい至福のプレゼントでした。

いつまでも、この気持ちでお幸せに~♪

More  お料理はこちら
[PR]

by jakky123 | 2008-09-28 10:42 | 徒然草

M家のワンちゃん

Mさんのお宅ではご近所から子犬をもらい「ハリー」と名づけて可愛がっていました。

ハリーが成犬になったころ、生後半年くらいの子犬が捨てられて近所を徘徊しており、
心優しきM夫妻は、哀れになって家に連れて帰り
タラと名づけて飼うことになさいました。c0118352_558113.jpg
兄貴犬ハリーはひどいやきもち焼きなので、タラはいつもハリーに遠慮していました。

ハリーが亡くなったあとの5年間はタラはM夫妻を独占して
たっぷりとかわいがってもらえたようです。

タラが亡くなった時に、奥様は深い悲しみをこの絵に留められたそうで、
愛情が籠もった素敵な絵です。

それから暫く時が過ぎ。。。。。

厳しい身上書を書き、ライバルとの競り合いを勝ち抜き、
M家では今日、ワンちゃんのお興し入れです!!!
c0118352_618213.jpg


抱かれるのが好き、車に乗るのが好き、の好男子くん。

「優しく、ときには厳しく育てていきま~す」とのこと。
おめでとう!
名前きまったのかな?
[PR]

by jakky123 | 2008-09-27 06:20 | わんちゃんの部屋

凛  <新宿3丁目>

新宿3丁目の丸井の先にある、半地下に入る黒い扉を押す。
黒いイメージのシックな店内。

<凛>を久し振りに訪れた。

前回は調理場横の席だったが、今回は2階に通される。
左の壁面がALL鏡なので、広く感じる。

平日はかなり混んでいて、何回か入れなかったのですが、
休日は結構すいているので、友人とゆっくり語るにはよいですね。
c0118352_742221.jpg
前回気に入った「牛スジ煮込み」と「塩ラッキョウ」で、まず喉を潤す。

塩ラッキョウは丸のまま出すのが通常ですが、わがまま言ってスライスしていただく。
c0118352_7442461.jpg
「炙り牛トロ」

席でイケメン店員さんが丁寧に炙りパフォーマンス!


c0118352_744478.jpg

「ホタテ焼き」も食べやすい大きさにカットしてきてくださるので、
ツマミに食べやすい!
野菜も京野菜で拘っています。

ごちそうさま~♪
[PR]

by jakky123 | 2008-09-26 07:04 | 呑み処

夕焼けお空がまっ赤っか♪

9/23のとっても美しかった夕焼けです。
c0118352_3492568.jpg

あっという間に、どんどん変化していきます!
上と下の写真の時間差は3分くらいです。。。
位置は1mくらい動いてしまいましたが。

自然が贈ってくれた雄大なドラマをうっとりと眺めていました(^^)v
c0118352_3511459.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-09-25 04:52 | 徒然草

曼珠沙華 <高麗の里・巾着田>

先日、 al17さまのblogで拝見して、見てみたくて矢も盾もたまらず、
9/23の墓参のあと、浅草から上野→池袋→飯能→高麗(こま)と乗り継いで
日高市にある<曼珠沙華公園>に行ってきました。

駅の改札を出たところはもう旗やらテントが張ってあって、人もごったがえし
お祭りの雰囲気で、期待が膨らみます。c0118352_23561787.jpg
野菜やら球根を売っている民家の間の路地を抜け、
高麗川沿いにぐるっと廻っていく間も、道の両側にずっと曼珠沙華が大量に咲いていて、これだけでももう充分というくらいです。

公園に一歩入った途端に、息をのみ圧倒されました!

曼珠沙華のジュウタンが果てしなく続いています!
c0118352_032120.jpg

c0118352_2101163.jpg

c0118352_044716.jpg加藤登紀子の歌ではないけれど、
100万本もの花が咲き乱れています。

たて看板の説明によると、
群生の全長は600mで
幅が50m。
種をつけず球根で増える性質なので、
上流から流されてきた球根が群落をなしたか、
畦道に植えたものが洪水で流出したか。。
とあります。

c0118352_081111.jpg

c0118352_15054100.jpg
別名ヒガンバナというとおり、
秋のお彼岸の頃にちゃんと咲いてくれます。
温暖化の影響で、他の花の開花時期が狂ってきているのに、不思議ですよね。。

曼珠沙華は、球根にアルカロイドという毒があるので、
畦道に植えてネズミやモグラ除けにしているのだそうです。

白い花はものすごく本数が少なくて、
全部で20輪くらいしか見かけませんでした。
c0118352_0104344.jpg

c0118352_0155397.jpg

c0118352_0184877.jpg

c0118352_115375.jpg
次第に日が暮れてきました。

太陽を燦燦と浴びていた表情とは一味違った、
悪女のような雰囲気を
醸し出してきましたね。
c0118352_019534.jpg


More ひとやすみ、一休み
[PR]

by jakky123 | 2008-09-25 00:19 | 四季の彩り

お彼岸のお墓参り

9/23のお彼岸お中日、亡姉のお墓参り!

いつもなら従姉妹や義兄と連れ立って浅草でお昼ご飯なんぞ食べながら
のんびり行くのですが、今日は午後から行きたいところがあったので
早朝に家を飛びだし、別行動です。
c0118352_6282758.jpg

花は日曜に行った従姉妹が上げてくださっているので、
好きだった紫の花を少しだけ選んでみました。

c0118352_6294949.jpg
浅草・今戸にある長昌寺。

こじんまりと手入れされたお庭が好きだったのですが、立派な観音堂が建って
お庭は本堂前だけになってしまいました。

小さな池には金魚が泳ぎ、
四季折々の花が咲いています。
c0118352_6351723.jpg
お姉さま、好きだったお花ですよ。

みんな元気にやってますよ~。
見守っていてくださいね。




私の父母と兄が眠る墓所は
千葉成田のまだ先にあります。

実家の人達は昨日行ったのですが、
私は27日に成田に行く用があるので、
その時に足を伸ばそうと、、、
ちょっと待ってもらってます(^^;;
c0118352_6493279.jpg
墓所入り口の水場横には、ペット用共同のお墓もあります。

子供同然に可愛がっていて、
一緒に眠りたくても許されないペットちゃん達
こんなに近かったらちょっと嬉しい♪
[PR]

by jakky123 | 2008-09-24 05:51 | 四季の彩り

いつもの「島」 久し振りにUP

残業で遅くなったときには、2週間に一度くらいの割で、
「ご飯たべさせて~♪」と行っているのですが、
なんかいつも同じもの(麩チャンプルー)を頼んでしまうので、UP回数が減っていますね。

金曜(9/19)も残業で22時になってしまい、独りで「島」へ駆け込み寺です。c0118352_23493174.jpg

「七夕」のロックで
「スルメ烏賊のコチジャン炒め」

辛さと烏賊ワタがよくマッチしていて
ツマミにピッタリ!
c0118352_23432384.jpg

c0118352_2349533.jpg
あら、ボードのお薦めに載ってないけど、お隣さんが頼んだカツオ刺しが美味しそう!
「マスター、私も~♪」

台風も心配だったので、1杯だけ。。。のつもりが、これでオカワリを注文することに。

あれ?事故米の薩摩宝山があるじゃあ~りませんか。。?

「マスター、これどうしたの? 撤去じゃないの~?」

「いやいや、これは黒麹仕込みで去年特別に限定で作ったのですよ!
出さないで取って置いたから、数本だけですけどね。。」

「えっ!それじゃあ、これ!!!」
c0118352_23565874.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-09-22 00:09 | 呑み処

九月大歌舞伎・昼の部 <新橋演舞場>

9/1の初日に戴いたチケットで夜の部だけ行った「新秋九月大歌舞伎」、
9/20は2ヶ月以上前に買って戴いていた昼:夜通しでの観劇です。c0118352_4514148.jpg
天気女とは言っても、台風13号の影響を心配していたのですが、朝から台風一過の秋晴れ!

銀座の柳も嬉しげにそよいでいます。
c0118352_11232658.jpg
本日発売のプログラムから舞台写真が載っています(^^)v

「源平布引滝」
 ー 義賢最後 ー

木曾義賢(海老蔵)は素性を隠して奉公する行綱(権十郎)の正体を見抜き、源氏再興の志の本心を明かす。
しかし、清盛の使者にそれが露見し、平家方の軍勢に屋敷が囲まれた為、源氏の白旗と身重の葵御前(松也)を訪れていた小万(門之助)とその父に託し、一人で闘って壮絶な死を遂げます。

戸板を組んだ上に仁王立ちになった後、戸板ごと倒れたり、立ったまま階段へ倒れる最期など、息をのむ海老蔵のイキのいい立ち回りは見所満載!

勢いあまって男女蔵の鬘が脱げて階段をころがってしまうハプニングもありました(^^;

c0118352_544910.jpg
ー 竹生島遊覧 ー
舞台では77年ぶりの上演だそうです!
次の場へ話が繋がる短い場面です。

琵琶湖のほとりの矢橋で判官の手下・塩見忠太(猿弥)につかまりそうになった小万は、琵琶湖に飛び込んで逃れる。

一方、湖上では、船の上で清盛次男の宗盛(友右衛門)一行が竹生島に参詣した後、盃を傾けている。

斉藤別当実盛(海老蔵)が湖を泳ぐ小万を見つけ船に助けあげると、白旗を持っていることがバレて、奪われそうになる。
源氏贔屓の実盛が小万を説得するが、頑なに拒む小万。

白旗が平家方に渡るのを恐れた実盛は、小万の旗を握った右腕を海中に切り落とす。

c0118352_612489.jpg
ー 実盛物語 ー
かくまっている臨月になった葵御前に栄養を付けさせようと、九郎助爺と太郎吉は鮒釣りに。
すると白旗を握った女の腕がかかる。
九郎助爺が旗をとろうとしても放さないが、太郎吉が触れると放した。
そこへ小万の遺体も運ばれてくる。

葵御前の産んだのが男だったら殺すように言われてきていた実盛が、まだぬくもりのある腕を
遺体につけると息を吹き返し、白旗が葵に届いたのを確認すると太郎吉に素性を明かしかけて絶命する。

実は小万は、この時に実盛と一緒にきていた、平家方の瀬尾十郎(市蔵)の娘だった。
小万を瀬尾に足蹴にされた事に腹を立てた幼い太郎吉(実の孫)。瀬尾は喜んで首をさしだす。

実盛も母の仇なので、成人したら潔く討たれる約束をする。

太郎吉役は交代の配役で5歳位?なのですが、長丁場の中とてもしっかり台詞も演技もできていて、
大人の役者さんを完全にくっていました!!パチパチパチ(^^)/
c0118352_1122298.jpg
最後は舞踊で、「枕獅子」
時蔵丈の優雅な舞い、松也と梅枝の蝶々の化身のカムロを堪能しました!!


夜の部で最後の舞踊「かさね」
初日に観た時とは演出を変えてあって、より最終場面が引き立っていて素晴らしかったです。

More  歌舞伎検定
[PR]

by jakky123 | 2008-09-20 23:57 | 歌舞伎

庭の花  ヤブランとハイビスカス   

台風13号が四国に接近していますね。無事に通り過ぎてくれますように。

今晩夜半~明日にかけて関東も400ミリの大雨になりそうです。
早く帰って来なくっちゃ。。。 

我が家のネコの額の庭には、今ヤブランが真っ盛り!
c0118352_712769.jpg

c0118352_72090.jpg

16年前に家を建替えた時に、
今は亡き母が、実家から5株
お裾分けして植えてくださったもの。

以来、毎年花を咲かせてくれています。

ちょうど、秋の彼岸の頃に咲くので
母が来てくれているような気がして
花に話かけてます(^^)

とにかく花が大好きで、何十種類も自宅で育てていて、
最後の頃も病院で水遣りの心配ばかりしていました。。
それで自宅療養に切り替えたものです。



c0118352_722274.jpg


もう終わってしまったと思っていた鉢植えのハイビスカスも
大輪を一輪 咲かせてくれました。
c0118352_724364.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-09-19 07:05 | 四季の彩り