<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2009お節つくり 真っ最中

2008年はすでに出来上がって盛り付けた状態で1/2にレシピもUPしましたので、
2009年は作っている途中の’08.12/31バージョンにしようかと思います。

なので、できた順にちょっとづつ載せていく?ライブ形式にしてみようかな?
でもそれはそれで、結構時間と手間をくうな~。。。
やっぱり全部の画像撮影は大変だから ”チョットだけよ~♪ ” になりそうですね(^^;;

例年は、紅白みながら最終にとりかかり、吉祥寺のお寺に除夜の鐘を突きに行って、
戻ってからもまだお料理してたりするんですが、今年は赴きを変えて、
今晩の22:00頃には他地域の除夜の鐘&初日の出を拝みに出かけてしまう予定なんです。

せっかく電車が一晩中走ってくれているのですから、一度乗ってみたかったんですよ(^^)v

なので、一日早めて黒豆は1/29~下準備を始め、松前漬けも仕込み、ハリハリの大根干し。
数の子の塩出しも。
c0118352_253539.jpg


1/30は、鶏ガラで大鍋いっぱいの出汁をとり、
鴨ローストのマリネ、松前漬けに人参を加えて、牡蠣oil漬け。
c0118352_2565354.jpg

数の子の薄皮をむいて出汁+醤油に漬込み、菊花蕪と酢蓮、ブリ大根
c0118352_520511.jpg

ゆずハリハリ甘酢漬け、nanamamaさんblogで教わった「小松菜の昆布〆」、たたき牛蒡は好きで外せない!
c0118352_1537563.jpg


ちょっと手抜きして筑前煮(毎年は別々煮)
c0118352_14403652.jpg

蛸&エシャロット、ゆり根の梅肉あえc0118352_17103283.jpg
炒っておいたごまめにアメかけして田作り

これは ネコJAKKYとの闘いがあるので、
なかなか写真が撮れません。
ニャゴニャゴ騒ぎまくっています(^^;;

1/31は、朝から残りの掃除をしながら煮物の火入れ、夕方買い物に行き、夜作る予定は、
鯛の昆布〆、里芋の煮物

今年めっちゃ手抜きしたのが、栗キントンと伊達巻。。
どんなに甘さ控えめに作っても、いつも絶対に元旦に一切れづつしか食べてくれない。
酒のツマミに甘いものはやっぱり辛いのもわかるので、今年は少量のを買ってしまいました(^^;
あ、昆布巻きも買ってきちゃいました。

有頭海老の鬼ガラ焼きも、男ドモは殻剥きを面倒臭がって喜ばないので、今年も止め!

おでんは1/1の夕方から煮ましょう。

雑煮はいつもどおり、1/1の昼は新潟風、1/2は東京風です。
1/3は早朝5時にRを迎えに行きそのままスキーにでかけるので、jakky風は1/4かな?

まあ、こんなスケジュールで1/5からの仕事初めまでの休みがアッと言うまに。。。終了です。
年に一回しか作らないお料理も多いので、すっごくワクワクする楽しい年の瀬です♪
[PR]

by jakky123 | 2008-12-31 02:57 | おいしんぼ

風 立ちぬ 

c0118352_10113241.jpg

、、、、、、、、、、、、

c0118352_10121651.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-12-30 10:13 | 四季の彩り

師走のアメ横

12/29 「青森・五所川原行きの夜行バス」が上野から出発するというので、
長男とRを見送りがてら、社会科見学?で上野~御徒町にかけての
アメ横>に行ってみました。
c0118352_1561034.jpg

c0118352_1574868.jpg
ふざけて被ってみた骸骨ニット目だし帽。

おもったよりは可愛いい(^^;

さすがにこれは買いませんでしたが、、スキーの時に暖かいかもね。。

c0118352_8215794.jpg

お目当てのスポーツ用品専門の安売り店へ。
3Fは我が家のためにあるような?
「バスケ・ラグビーフロア」

バスケTシャツ&「指と手の平無し手袋」をプレゼント。

「ゴール下を制す!」とか
「シュートは全部決めてやる!」
がjakky的には好きだったんですが、
Rが選んだのはこちら。

10%引きにちょっとお徳な気分♪

酔い止め薬やバスの中でRが急にトイレいきたくなってもいいように「簡易トイレ」買ったり、ペットボトルやお菓子を買って、準備も完了!

青森行きの夜行バスはトイレ付きですが、Fさん実家にヨリ近い五所川原行きはトイレ無しだそう・・・
Rくん、大丈夫かな~?
寝られるかな~?


このあと激安ステーキ屋さんでご飯したのですが、気がついたら1枚も撮らずに食べ終えていました(><)

しかし、、、前の晩も家で一緒に鉄板焼きして、嫌というくらいお肉。
朝は残った肉とたっぷり野菜で野菜炒めと卵焼き。
昼もメンチカツとカキフライ。。。サスガのjakkyも。。。

だったので、、、お肉食傷気味jakkyはみんなのお皿からちょっとづつ味見!
「ヒレステーキ」「ハラミステーキ」「サーロインステーキ」「牛刺タタキ」

値段が安いにしては、美味しかったです。


その隣には、長蛇の待ちの列の「寿司幸」が。
アタシャコッチが良かったわいな~。。。
美味しいのかな?今度狙ってみますか。。
c0118352_8424611.jpg
さあ、21:00 夜行バスの出発です。
9時間と思っていたら10時間半以上かかるらしい。

いってらっしゃーーーーい!
c0118352_8432677.jpg

[PR]

by jakky123 | 2008-12-30 07:43 | 四季の彩り

チロリアンランプ(アブチロン)

他の方達のblogで11月終わりから登場していた「チロリアンランプ」に
京都でようやっとめぐり合えました。

それも5回も! お庭でも、街角でも、喫茶店の窓辺でも。。
c0118352_1316182.jpg

本当に愛らしいですね~
c0118352_13171511.jpg

c0118352_1319266.jpg

c0118352_1319521.jpg
あら、これは違ったわ。。。 (^^;;

お粥屋さんの提灯でした。
でも、そっくり!?
[PR]

by jakky123 | 2008-12-28 12:40 | 四季の彩り

Rと二人で♪

毎年クリスマスが終わると、息子のお嫁さんFちゃんは二人の子供と一緒に
彼女の青森の実家に飛行機で帰ります。

夏休みと正月に孫の顔を、成長をご両親にみていただく為に
息子も頑張って3人分の往復飛行機代20万以上の旅費をボーナスで取り分けておき、
息子自身は、大晦日の夜と正月3日に、横浜~青森まで9時間の夜行バスで往復。
3日の早朝7時に我が家に年始に一人でやってくる。

というのが、今まで10年間のパターンでした。

ところが、今年はちょっと違います。

Rが来年春から小5なので、塾の冬季講習に行き始めたのです。

12/29までと1/4~の塾がありますが、12/29や12/30の飛行機は
スケジュールが解った頃にはとれなかった為、いつもどおりFちゃんとAは12/26に青森へ。

Rはおとうさん(息子)と一緒に9時間の夜行バスで往復の初体験です。

そして、アバチャンはおさんどんに横浜の家に泊り込むことになりました。
12/26の夜は、息子が納会なので、Rと二人で夕飯です。

塾は12時半に終わってしまうので、夕方5時まではお友達の家で過ごさせてもらって、
jakkyは会社をフレックスで早退し、ルンルン気分でお買い物して5時半過ぎに到着。・

こんなに楽しく食事の支度をするのは何年ブリでしょう♪
気合もはいろうというものです。
お肉が好きだから。。びっくりするくらいのジャンボハンバーグ! って短絡的ですが(^^;
c0118352_11584012.jpg
このお皿、一番大きい皿なんで、ハンバーグの直径は20cm、厚み6cmあります!(一人分よ♪)
キノコデミソースかけにして。
ポテトグラタンも息子達が好きだったので、DNA的にいいだろうと。。
コーンスープはいつも外ご飯で一緒の時に頼んでいるからね。
c0118352_1234532.jpg
わかさぎのから揚げと
切干大根の煮物(撮忘れ)は
通常アバチャン料理。

健康にはいいんだよ(^^)v
あら、もう7時になっちゃう、、

さぁ、召し上がれ♪

ジャンボさに引いてしまったR。。。

半分でギブアップし、残りは酔っ払って帰宅した息子がペロリ!

More  朝ごはん
[PR]

by jakky123 | 2008-12-28 12:05 | おいしんぼ

祇王寺   <嵯峨野>

c0118352_6483265.jpg

いざよいの 月隠れにし 露の冷え   智照尼
c0118352_6485370.jpg

五十年の 夢とりどりの 落ち葉かな  智照尼


「祇王寺」は真言宗の尼寺で、荒廃してしまっていたのを大覚寺によって保管された。

大覚寺門跡楠玉氏が再建を計画していた時に、元京都府知事北垣氏が話しを聞き、
別荘の1棟を寄附されたのが、現在の建物です。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり
沙羅雙樹の花の色 盛者必衰のことはりをあらわす
おごれる人も久しからず 唯春の夜の夢の如し。。。


との書き出しで有名な「平家物語」にでてくる祇王・祇女の白拍子姉妹の哀れな物語。


清盛の寵愛をうけていた姉の祇王は、なにか欲しいものを聞かれ、
自分の生国は水の便が悪く皆が飢餓に苦しんでいるから水の利を得させてと願う。

清盛はさっそく野州川から三里の溝を掘らせたので、里人は感謝し「祇王井川」と呼んでいる。

上にもおかぬ寵愛を受けていたのだが、加賀の仏御前と呼ばれる白拍子が
門前払いされたのをとりなして舞わせたところ、清盛はたちまち心を仏御前に移し、
祇王は館を追い出される。

「萌え出いずるも 枯るるも同じ 野辺の草 いずれか秋に あわではつべき」
と障子に書き残して、去る。

翌春、仏御前が退屈しているから舞をしろとの清盛からの要請を断りかねて館に行き、

「仏も昔は凡夫なり 我らも遂には仏なり 
  いずれも仏性具せる身を 隔つるのみこそ悲しけれ」

と舞い、並み居る諸侯の涙を誘った。
本当に賢い方だったのですね。。。。

そして、祇王21才、祇女19才、母45才の3人は尼になり嵯峨の山里で仏門に入る。

のちに17才の仏御前も剃髪して祇王寺を訪ねてきて、一緒に暮らしたのだった。

More へ~~
[PR]

by jakky123 | 2008-12-26 07:37 | 遊び・観光

常寂光寺  <嵯峨野>

祇王寺と同じくらい嵯峨野で好きなお寺、常寂光寺。
階段をどんどん上っていくと、見晴らしがよく、いかにも「京都に来た!」
っていう感じの景色に出会えます。

歌枕にもなっている「小倉山」からの展望です!
c0118352_2235965.jpg

入り口から仁王門まで、途中ずっと紅葉の落ち葉で埋め尽くされています。
この寺は紅葉の名勝地でも有名です。

秋には真っ赤な紅葉で美しかったのだろうな~。。。
c0118352_22414553.jpg

c0118352_22442471.jpg
赤い万両に混ざって、白い万両が1本。
紅葉の枯葉とマッチして素敵でした。

権大納言広橋国光の息男が幼くして仏門に入り、
18歳で本国寺の法灯を継いだ日禎上人が
57歳で隠棲の地として開山。

57歳かぁ・・・同い歳だわ、、、
c0118352_2341492.jpg

歌人としても著名だったそうで、
寺の雰囲気はとても風雅です。

また、百人一首の選者藤原定家の
「時雨亭」があった場所といわれています。

「忍ばれむ物ともなしに 小倉山

  軒端の松ぞ なれてひさしき」


「小倉山 立ち処〔ど〕も見えぬ 夕霧に

     妻まどはせる 鹿ぞ鳴くなる」
            『後拾遺和歌集』より
c0118352_23504325.jpg


More 豆袋
[PR]

by jakky123 | 2008-12-25 22:55 | 遊び・観光

メリークリスマス!

八丈島の☆降るbirdsからクリスマスプレゼントが届きました。
c0118352_0443947.jpg

「南国気分を味わってください♪」のメッセージとともに、沢山のストレチアの到来です。
昨晩(12/23)は、一足早いクリスマスでR君やAちゃんのところにプレゼントを持って、
サンタアバちゃんしてきました。
その時に、八丈のストレチアもチョッピリ おすそ分け♪
c0118352_0461033.jpg

c0118352_101427.jpgFちゃんが風邪をこじらせてしまって寝込んでいたのと、
アバチャンも先輩のバースデイ兼忘年会で八王子を17:00に出て横浜へ向かったので、
息子宅の近くの中華屋さんでご飯した後、近くのカラオケで
「ポニョ」やら「キューティハニー」「greenの歌」だのの熱唱を聞かせてもらいました。
最後はクリスマスソングのオンパレードで、一緒に♪

そして12/24は仕事だったので帰ってきたのですが、Fチャンから写メが届きました。
R(白)とA(チョコ)の手作りケーキだそう。
デコレーションは昨日私が買って行ってあげたサンタさんやトナカイを使ってくれてます!

<息子からあとで聞いた秘話>

6歳のAがトナカイとサンタさんがくっついているのを仲良く分けようと鋏?で切ったら
サンタさんの首がポロッと取れてしまったとか・・

10歳のRは優しいお兄ちゃん。
「ほら、大丈夫だよ!」
とチョコの家の煙突の上にサンタの頭を乗せたので、サンタさんがプレゼントを置いて
煙突から出てきたみたいになったんだとか。。

Aの方には頭のところに雪だるまのように白いクリームでカモフラージュ(^^;

いつまでも、その優しい気持ちをわすれないでね。

それにしても。。。。あ~ぁ、、食べ損ねた(><)

c0118352_125495.jpg

c0118352_126788.jpg
しかし、、、12/24のイヴは残業後、真っ直ぐに家に帰って
ネコJAKKYと静かなサイレントナイト。。
[PR]

by jakky123 | 2008-12-25 01:15 | 四季の彩り

南座 「吉例顔見世興行」

今回の京都行きのメインイベントが「東西合同大歌舞伎」の観劇でした。
c0118352_2381998.jpg
南座に行くのも初体験です!

c0118352_2395554.jpg


お目当てはモチロン「海老蔵丈の光源氏と玉三郎丈の六條御息所」の源氏物語です。c0118352_23103772.jpg

c0118352_23271661.jpg
ちょっと舞台が暗すぎ?
っていうか、ドキン眼なので。。。
運転と観劇の時はコンタクトの上から眼鏡が必要なのに
慌てて出かけたので、眼鏡を忘れてきてしまって。。。見えない! (><)

目を細めただけでは足りず、指で横に引っ張って更に細めてました。。。

「信濃路紅葉鬼揃」の海老蔵&玉三郎丈も見ごたえがあって素晴らしかったです。

「大石最後の一日」の吉右衛門丈も観客の涙を誘う熱演でした。
c0118352_23362218.jpg

ご贔屓衆がお気に入りの役者さんへのご祝儀の一つ?正月準備?なのでしょうか

More etc
[PR]

by jakky123 | 2008-12-24 23:46 | 歌舞伎

トロッコ電車  <嵯峨野>

いつも乗りたいと思いつつ、レンタカーかmy carで回ることも多く
憧れのトロッコ電車です。

今回こそは乗るつもりでしたが、夜の嵐山ライトアップ<花灯路2008>を
急遽見ることにしたので、、、またまた見送り。c0118352_22344983.jpg

ちょうど「嵐山駅」のあたりでお腹も空いたので、トロッコ電車が到着の時間まで
おうどんを食べて待ちました。

関西は「きつねうどん」が主流なのでしょうが、
私は「天麩羅うどん」をチョイス。
この2種類しかありません。

本当は「素うどん」がいいんですけどね。

c0118352_22351987.jpg

トロッコ電車のミニチュアが走っているのを真剣にじーーーっと見ている男の子が
とても可愛かったので、知らないお子さんなのですが、パチリ!
c0118352_22411271.jpg

次には絶対乗りたいな♪

More  こんなものも。。
[PR]

by jakky123 | 2008-12-24 22:41 | 遊び・観光