<   2009年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

白桔梗

先日UPした、昨年メッシュが今年はハーフだった桔梗ですが、
一輪目に紫が多量に使われて?しまったせいでしょうか。。。

その後から咲いている花は、すべて真っ白です。
c0118352_7185170.jpg

c0118352_7191787.jpg

[PR]

by jakky123 | 2009-06-30 06:39 | 四季の彩り

初メロン

千葉県流山市に住んでいる親戚から、毎年楽しみにしているメロンが届きました。

貴見(タカミ)メロンという地元ので安いそうですが、メチャ甘くてジューシー♪

到着した夜、スグに一切れお仏壇にあげた残りは冷しておいて、
朝いただきましたら、丁度食べごろ!!
c0118352_548293.jpg

一口大にカットしてタッパにいれ、簡単クーラーバックに入れて歌舞伎座にも持参。
幕間のお弁当の時のデザートに好評でした(^^)v
[PR]

by jakky123 | 2009-06-29 05:31 | おいしんぼ

糠マジック

冬、手を糠床に入れてかき回すのが冷たくて辛い時期は、
野菜が高くて漬物になんてまわせないわ、、、と理由付けし、糠床の上面に
塩のフトンを着せて、冷蔵庫の低温室で冬眠していただいていた糠床。

6月の一週目に目覚めさせ、捨て漬けを2週間。
やっといい感じの味と床加減になってきました。

一週間お料理に使ってきた野菜たちが、ホンのちょっとづつ残されて
出番を待っています。

平日は、夕飯の下ごしらえやお弁当を作って、お勝手の洗い物をして
出掛け前に放りこんでいくので、皮を剥かずに塩もみだけでいい
胡瓜や茄子が殆どですが、休日は皮を剥く時間があってうれしい♪

その1分で、電車に駆け込めるかどうか、、、
毎日運動会してるもんですから(^^;;;;へへ

さあ、残り野菜さんたち~! 全員集合!!
c0118352_962285.jpg

コレが夕方には美味しい漬物に変身♪

nanamamaさんに教えていただいた、山椒の実も
庭から摘んできて、放り込んでみました(^^)v

これで冬眠させなくてもいいらしいんですよ♪

梅は来年やってみま~す。。。ん? 漬かり途中の梅を一個入れてみちゃおうかな?
c0118352_10514890.jpg


[PR]

by jakky123 | 2009-06-28 09:08 | cooking memo

六月大歌舞伎

c0118352_23275840.jpg
梅雨の合間で太陽の燦燦とした光の恵をうけた6/27(土)
6月大歌舞伎・夜の部 
千穐楽に行って来ました。

今回のjakky的大目玉は、4歳の松本金太郎ちゃんの初舞台で、親子孫3代一緒の連獅子です。
c0118352_23385659.jpg

金太郎ちゃんの赤い獅子の精もちゃんと見得を切り、頭を早いスピードで振り回し、
元気あまってスピードにまけ?途中でよろける場面もありましたが、立派に初舞台をつとめました。

jakky自身も3歳から日舞を始め、4歳にはおさらいの舞台で踊ったのですから、本人は必死でしたが(^^;
傍目にはこんな感じに危なっかしいけど微笑ましい感じに見えていたのでしょうね。。

金太郎ちゃんは、口上でも、最後に大きな声で名乗り、拍手喝采でした!!

昔、勘太郎と七之助が初舞台を踏んだ後の口上で、三角に作った手の中に顔を埋めて
自分の番を待っているうちに3歳の七之助が寝てしまい、隣で5歳くらいの勘太郎が
心配してつついていた場面が、昨日のことのように思い出されます。

可愛かったあの子たちがもう結婚ですものね。
年取ったわけです。

次の演目は 吉右衛門丈の<極付 幡随長兵衛>
河竹黙阿弥作の世話物で、別名「湯殿の長兵衛」

「公平法問諍(きんぴらほうもんあらそい)」の場は明治になって後から弟子によって追加されたらしい。

町奴と旗本の小競り合いから町奴親分の長兵衛が旗本・水野の屋敷の湯殿で暗殺されるまでのくだり。

旗本水野に仲直りの酒宴と屋敷に呼ばれ、身内の反対を押して死の覚悟を決めて出向いた長兵衛、
わざと酒を着物にこぼされて自慢の風呂をしつこく勧められ、渋々湯殿に行き、
浴衣一つになった長兵衛は家臣たちや水野に襲われる。

「いかにも命は差し上げましょう。兄弟分や子分の者が止めるを聞かず唯一人、
向かいに応じて山の手へ流れる水も遡る水野の屋敷へでてきたは、元より命は捨てる覚悟、
百年生きるも水子で死ぬも、持って生まれたその身の定業、

卑怯未練に人手を借りずこなたが初手からくれろと言やあ、名に負う幕府のお旗本
八千石の知行取り、相手に取って不足はねえから、綺麗に命を上げまする。

殺されるのを合点で来るのはこれまで町奴で、男を売った長兵衛が命惜しむと言われては、
末代までの名折れゆえ、熨斗を付けて進ぜるから、度胸の据わったこの胸をすっぱりと突かっせえ」

との名セリフを吐いた長兵衛は、見事に水野の槍を胸に受ける。

そこへ長兵衛の子分が棺桶を持ってきたとの知らせ。
その潔さに流石の旗本・水野も 「殺すには惜しきものだなあ」 と感心し、とどめを刺す。

なぜか、今まで勝手に「ばんずいちょうべい」と覚えていたので、今回舞台のチラシで見て、
アレッ?そうだったの?

調べてみたら、、、、
歌舞伎では、外題には縁起を担いで
「割れない」奇数の字数にすることが慣例になっていたため、院を外しているそう。

最後は<梅雨小袖昔八丈-髪結新三>

悪党の髪結新三を松本幸四郎丈。手下を染五郎丈親子
長屋に住む小悪党の髪結新三はお屋敷の番頭さんをだまして、娘と駆け落ちして来させ
娘を家の押入れに監禁し、身代金をめぐっての笑いのある賑やかな舞台でした。

よく考えたら、、、誘拐事件・身代金要求という大事件な訳ですが、
「大家と言えば親も同然、店子と言えば子も同然」やら年長者を大事にする
当時の風潮が下地にあるので、ペーソス溢れる舞台です(^^)

終わって外にでたら、あと308日の表示の提灯に灯りがともっていました。
c0118352_2353118.jpg

[PR]

by jakky123 | 2009-06-27 23:01 | 歌舞伎

どくだみ

c0118352_541447.jpg

「毒痛み」と書くとそのまんまですが、毒を止める効果があることからついた名です。

別名「十薬」

馬に与えると10種類の効能があるとか。。


香りも強いですが、すっきりしたニオイで嫌いではありません。

他の方のところで、
八重も掲載されていましたが、、、、
私はまだ遭遇できません(^^;;
[PR]

by jakky123 | 2009-06-24 05:21 | 四季の彩り

佐藤錦

昨日の日曜に従姉妹たちと一緒に、山梨に行ってさくらんぼ狩りをする予定でしたが、
どしゃぶり雨と法事後の片付け疲れで、珍しくドタキャンしてしまいました。

でも、それにはもうひとつ訳があったのです。

今日、山形の「本家・佐藤錦」が会社に届くように手配してあったので~す(^^;

年に一度(? )の 贅沢。
c0118352_1443614.jpg

c0118352_145298.jpg
ひと箱(2パック)をお取り寄せし、会社帰りに「実家」と「孫一家」に配ってまわって
終電でご帰還。

毎年、jakkyの「頑張ってるで賞」選別基準をクリアした?
限定1軒にも、産直でお届けしています。

来年は、誰のところに届くかな?



さてさて、、、
これから 一人で
ゆっくり味わいましょう♪
[PR]

by jakky123 | 2009-06-23 01:31 | おいしんぼ

街中の紫陽花

浅草のお寺近くの街中の沿道には、紫陽花が各家ごとに植えられていました。

信号から信号の一区画片側で撮った、美を競いあっている紫陽花たちです。
c0118352_048522.jpg

c0118352_048336.jpg

c0118352_0492719.jpg
交通量も多いので、花の色があせている気がします。

でも、みんな精一杯に、今の季節を彩っています。

自分の置かれた環境で精一杯頑張る!
それが大切な事。

境遇を愚痴っても、何も変わらない。
訴えても、同情しか得られない。

自分のモチベーションを上げる。
視点を変える。
いい結果をイメージングし前向き志向。

コレが自然にできるBだから、、、
マイペースと言われてしまうのでしょうね?
c0118352_0575866.jpg

c0118352_0582243.jpg

c0118352_0592328.jpg

c0118352_171237.jpg

花の真ん中に
もう一つ花が
咲いているみたい。。

実は周りは「顎」

顎の方が威張っているとは
ガクゼン!
(又、オヤジギャグ。。)
c0118352_111465.jpg

[PR]

by jakky123 | 2009-06-22 01:01 | 四季の彩り

桔梗

c0118352_15484982.jpg

昨日はお天気もよくて、義兄の四十九日法要も滞りなく終え、無事納骨もしました。


姉の骨壷の隣に寄り添って入って、14年ぶりの再会を語り明かしたでしょうか?



庭の小鉢に植えてある白桔梗の蕾が先週からどんどん膨らんできました。

去年は、
白桔梗でも、軽く紫の刷毛目が入り粋な感じでした。


今朝、雨のそぼ降る中で、庭の桔梗が一輪花開きました。
c0118352_1550582.jpg

あら、随分<紫の面積>が多くなりましたね~。。

蕊が生き物のようで、這い出してきそうです。
[PR]

by jakky123 | 2009-06-21 15:53 | 四季の彩り

初鱧

今日が本当の義兄の四十九日なので、午後半休して一人で浅草のお寺に出向き
お塔婆をあげ、お経をあげていただいてきました。

仏事は通常、前倒しが常識ですよね。

しかし、先週の土日は御住職も副住職も、本山で修行のため不在。
ご相談したところ、今日お塔婆をあげて供養すれば、法要は今度の土曜で構わない
ということになった訳です。

ですから、親戚一同にはあさって集っていただいて、またお経をあげていただくのです。
その時の弁当の手配やら、姉と兄を一緒に並べて作り直した位牌の確認も済ませました。

帰り道、皆さんにお持ち帰りいただく引き物の手配のため、浅草の松屋へ。

所用が済んだ途端、先日のデパ地下の美味しい体験が蘇えってきたのです。
このまま帰る手はありません。

速攻、食材売り場へ。

ありました!  鱧の生!!

それも骨切りが丁寧にされた半分が¥500というお手頃価格♪

家で一口大に切って、さっと湯引きし、氷水にくぐらせたら。。。

限りなくレアさが美味しい、今年お初の「鱧おとし」です。
付いていた梅肉タレで、いっただっきま~す(^^)v
c0118352_3362013.jpg


More  牛肉も霜降りが安い!
[PR]

by jakky123 | 2009-06-18 23:48 | cooking memo

ニワナナカマド

kazeさんblogで紹介されていたニワナナカマドが咲いているお庭を見つけました!!

まだ蕾の方が多いので、これからが楽しみ♪
c0118352_6524559.jpg

c0118352_653136.jpg

ほんと!
雪を連想しました♪

旧家に以前から植わっている木ですから、毎年咲いていたんですね。
派手な感じではないので今まで見過ごしてきたようです。
c0118352_6533347.jpg

[PR]

by jakky123 | 2009-06-18 06:56 | 四季の彩り