人気ブログランキング |

2月大歌舞伎 夜の部

十七代目中村勘三郎 二十三回忌 追善公演

お品があって、大好きだった十七代目中村勘三郎丈が亡くなられて、
もう23年もの月日が流れたのですね~。。 

今でも、洒脱なお芝居や踊りが目に浮かびます。
心から楽しんで演っていらっしゃるようでした。
c0118352_891360.jpg

一、 壺坂霊験記(つぼさかれいげんき)

  三津五郎丈の座頭沢市と福助丈の女房お里。
  
  貧しくも仲睦まじく暮らしている夫婦の信仰心があついので、
  観音様が慈悲の手を差し伸べるお話。

  三津五郎丈の目が見えてからの喜びの表しかたが大仰でなく爽やかでした。

一、高杯(たかつき)

 高杯を求めるように言いつけられた、次郎冠者(勘三郎丈)と
 高足売りの橋之助丈の軽妙な掛け合いと踊りで笑いを誘います。

 十七代目勘三郎丈は、本当に華のある洒脱な踊りだったなぁ~と
 思い出しながら観ておりました。

 しかし、当代も私と変わらないくらいのしっかりお爺さまのお歳ですから、
 あの小さかった勘九郎ちゃんからコチラのイメージを成長させなくては、、
 息子さん(現・勘九郎)もつい先日結婚されましたしね。。

 十七代目勘三郎丈が復活させたこの演目と、
 当たり役だった次の佐野次郎左衛門を 追善供養公演で
 当代が演じられて、十七代目もお喜びになっているでしょうね。
c0118352_852308.jpg

一、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)

  佐野の百姓・次郎左衛門(勘三郎丈)が一目惚れして通いつめた
  花魁・八橋(玉三郎丈)に仲間の面前で振られたのを恨み
  3ヵ月後にまた現れて妖刀で斬殺する本当にあったお話。

  なんてったって、玉三郎丈の八橋の花魁道中が美しい!!

  時間的な制限もあるからでしょうが、花魁道中が交錯する絢爛な舞台で
  他の花魁は八の字歩きじゃないのが気になりましたが、
  玉三郎丈は優雅に八の字を滑らかして、妖艶な笑みを次郎左衛門に。。

  美しすぎます♪ メロメロになりますよ~(^^)v

  最後の斬られる場面ですら、息をとめ生唾を飲み込むほど艶やかで美しい♪
  耽美という言葉が合うのかしら。。  

  歌右衛門丈は八橋をなさる時に
  「縁切りと花魁道中の笑みが良くなければダメ」とおっしゃっていたそう。

  栄之丞(仁左衛門丈)は、八橋の情夫ですから男の色気を感じさせるのに
  ドンピシャの配役でしたね(^^)
  柱に背もたれで立っているだけで、絵になります!
c0118352_8531642.jpg

もうあと、70日。。。

3月4月は3部仕立てでの興行です。
とりあえず、小さい頃から親しんだ現歌舞伎座での興行がお名残惜しいので、
各月、3部とも見る予定でいますが、取れますかしら?

皆さま、毎日の応援を本当にありがとうございます!
感謝してます。

moreのお弁当ということで。。

↓お手数ですが、今日もこちらを ポチッと お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村


 



やっぱり三越で買っていってしまった「美濃吉」のお弁当。
c0118352_8584116.jpg

3月は予約して、歌舞伎座でのお食事にしようかしら。。。

昔は、母とそうしていたように。。。

by jakky123 | 2010-02-21 07:44 | 歌舞伎