人気ブログランキング |

春のお彼岸 ぼた餅 ♪

季節によって呼び名が違う食べ物って他にあるでしょうか?

もち米+うるち米を半突きし、餡で包んだものですが、
春のお彼岸は「ぼた餅」
秋のお彼岸は「おはぎ」

秋の方は「萩の花」から転じてと容易にわかりますよね。

「ぼた餅」については、母から小さい頃に
「牡丹の花が咲く頃のお彼岸だし、3月に降る雪は水分が多い
牡丹雪が降るころだからね」

また、「おはぎは小ぶりに、ぼた餅は牡丹の花のように大きく」 とも。

漉し餡とつぶし餡の区別にも意味があるのかしら?
調べてみましたら、ありました。

あんの材料である小豆の収時期に関係があり、
秋のお彼岸は、小豆の収穫期とほぼ同じで、
採れたての小豆をあんにすることができ、
柔らかい皮も一緒につぶして使うので、つぶあん。

春のお彼岸は、冬を越した小豆を使うことになり、
皮は固くなっていますので皮をそのままに使っては
食感が悪くなります。
そこで皮を取り除いた小豆を使い、こしあん。

春の「ぼたもち」はこしあんで、秋の「おはぎ」は粒あん
の道理がわかりました。

しかし、今では保存技術の発達や品種改良により、
春でも皮のまま使うことができる小豆が登場!

両方好きなjakkyは、、、両方と黄な粉やゴマも加えて4種盛り♪

ちょっと柔らかく炊きすぎたかな?と思いましたが、モチモチで美味しかったです(^^)
c0118352_1852134.jpg

皆さま、応援をありがとうございます。

そして、夏や冬の呼び名もあるって、初めて知りました!!

夏は 「夜船」
冬は 「北窓」
風流ですねぇ~~♪

今日もお手数ですが コチラ↓をポチッと お願いします。

にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村






c0118352_18554460.jpg
明日3/22は連合いの一周忌です。

親戚を集めての法事は、お呼びする方々が同じで皆高齢ですし、
喪主が両方jakkyだし、同じ御寺なので、
亡き義兄と一緒にするためと、主人の納骨もするため
お墓が出来上がる4/4まで待ちなのです。

明日は家族と数人の友人とで、お骨を預けてある
浅草の菩提寺にお詣りに行き、彼が好きだった店でお精進落としもします。

お寺に持っていってあげる「ぼた餅」も
タッパに詰めましたよ(^^)v

大酒呑みのくせに、アンコもの大好きだったからね~♪

とりあえず、お仏壇に供えたのを、兄や姉と喧嘩しないで
仲良く食べててね!!

by jakky123 | 2010-03-21 18:31 | cooking memo