人気ブログランキング |

「トンボ玉」作り 体験

12/7 伊豆高原「トンボ玉工芸館」へ。
10年ほど前から興味を持ち、都内で買ったり、行楽地で購入してきた「トンボ玉」

糸通し穴のあるガラスの小玉で、トンボの目玉のように丸いというところからきている。
「トンボ玉」作り 体験_c0118352_1262938.jpg
この工芸館には、館主が集めた、A.D.2世紀のエジプト品、A.D.18世紀のインドネシア、北アフリカ・ドゴン族の品、B.C.15世紀フェニキアのものなど多数展示されている。

体験ができるというので、挑戦!

「トンボ玉」作り 体験_c0118352_1311194.jpg
まず色と形を決める。

★形は「球」「ラグビーボール型」
 「細長円柱」

★色はこのバットの中から。

★模様は「多色ちりばめ」「花」「マーブル」からチョイス。
「トンボ玉」作り 体験_c0118352_1313742.jpg

「トンボ玉」作り 体験_c0118352_1323462.jpg右手に金棒の細いものを持ちバーナーの上の方でゆっくり回しながら温める。
左手でガラス棒の先端を溶かし右手の棒に絡めて巻きつける。
しかし、とても初心者ができる作業ではなく、8割以上指導の方がやってくださる。
本体部分を形作ったら、模様をつけるのだが、「ちりばめ」は細かいガラス屑の上を転がす。
「花」はすでに形作ってあるものを貼り付けで押し伸ばす。
「マーブル」が面白い!縦に白で線を4本(等分に)引き、交互に違う色をはみ出さないように重ね、キリ状の物でそーーっと螺旋に引掻いて行くと不思議!マーブル模様になった!

完成したら、この土のような中へ刺す。冷ましているのかと思って伺うと、温めているのだそう!
2時間くらいかけてゆっくり冷して強度を強くするタメらしい。
後で宿に届けてくださる。
「トンボ玉」作り 体験_c0118352_1533829.jpg<友人達の力作>
一人2個づつ作ったのだが、彼女達3人は皆「花」を入れた。
それぞれに色や模様で個性が出ていて面白い。
同じ「花」でも、jakkyと同じ大先生の方が余白を活かしていて素敵かな?!
紫の細円柱はjakkyも次回作りたいな~!
マーブルも下の私のとは随分違っているね。
可愛らしい性格がでています(^^)
「トンボ玉」作り 体験_c0118352_1543814.jpgjakkyはマーブルの色の選び方に「ハッキリした性格」がでているかも。。
イメージした以上に上出来で、ちょっと嬉しい!
厳しい指導でしたが、芸術家肌の大先生のお陰です~!!
均等ではなく、端は横に真ん中部分は急降下で手を取って引掻きを指導(^^)v

「ちりばめ」の方は、基本色の選択が違ったかな~?
でもたまには、、こんな優しい色も必要かも(^^;

「トンボ玉」作り 体験_c0118352_212939.jpg大先生作のものを購入。
金粉も中に入っている「花」で、上から透明をかけてある。
自分では絶対作れないですね。

もう一つ花が浮き出るようなのがあり、気に入ったのですが、
お値段が3倍もしたので今回は諦めました。
「トンボ玉」作り 体験_c0118352_13125726.jpg
夕食時にホテルのレストランで、ウォーターグラスにもトンボ玉が!
Hさんが冗談で「割れたら処分を自分たちでするんやけどね~」
大笑い!!

by jakky123 | 2007-12-08 23:55 | 趣味