人気ブログランキング |

JAKKYにもサンタさんが。。

JAKKYにもサンタさんが。。_c0118352_4303860.jpg

真っ赤なお鼻のトナカイさんは
いつもみんなの笑いもの
でもある年のクリスマスの日
サンタのおじいさんは言いました♪

暗い夜道はピカピカのお前の鼻が役に立つのさ
いつも泣いてたトナカイさんは今宵こそはと喜びました♪

作詞:新田宣夫 作曲:MARKS JOHN D

<以下amazone.net より転記>

 原曲の歌詞では、それぞれに名前がつけられた9頭のトナカイが登場し、主人公の赤鼻のトナカイは「ルドルフ(Rudolph)」と呼ばれている。

 歌詞の冒頭で登場するルドルフ以外の8匹のトナカイ(ダッシャ-、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、コメット、キューピッド、ドナー、ブリッツェン)は、1823年12月23日にニューヨークで出版された詩集『聖ニコラスの来訪(A Visit from St. Nicholas/The Night Before Christmas』で登場するトナカイ達だ。

 赤鼻のルドルフが最初に登場するのは、1939年にアメリカのデパート「モントゴメリー・ウォード(Montgomery Ward)」がお店に来た子供達に配るために出版した冊子の中。執筆者はRobert L. Mayとされている。

 ルドルフは8頭のトナカイの中の「Donner(ドナー)」の息子という設定で、霧の中を進むのにルドルフの赤い鼻が役立ったというストーリーが展開されていたようだ。

 このルドルフのストーリーをRobert L. Mayの義理の兄弟であるジョニーマークス(Johnny Marks)が1948年に曲を付け、今日知られるクリスマスソング「Rudolph the Red-nosed Reindeer/赤鼻のトナカイ」が誕生した。

by jakky123 | 2007-12-25 04:35 | 猫、ネコ、寝子、CHAT