SET 第46回公演 「任侠るねっさんす」

c0118352_10234947.jpg
池袋・東京芸術劇場で、10/11~10/26まで
(大阪10/31・11/1)行われている
SET(スーパー・エキセントリック・シアター)
第46回公演
「任侠るねっさんす」
を観に行ってきました。

任侠モノは初めて扱ったそうですが、松本明子さんを客演に迎えて
副題に「歌姫誕生物語」とあるようにミュージカル仕立になっていました。

戦後まもない日本。
組長の死で解散を迫られ、組の存続をかけて芸能興行の会社を設立。
偶然であった天才歌姫・つぐみ(松本明子)の人気で旅一座は大成功をおさめ、
芸能界一の興行会社になるが、国や他の組織の妨害が立ち塞がる。
そして。。。。

「任侠」とは : 強気を挫く気性に富むこと。
          また、その人。おとこだて。(広辞苑より)


以下、チラシから抜粋させていただきます。

ネットの掲示板などの中傷・暴言。ブログの炎上。マスメディアによる集中砲火バッシング。
格差社会を拡大させる国家。相手が弱いとみるや、攻撃がエスカレートする「イジメ社会」
こんな時こそ本来の「任侠道」が必要とされているのかもしれません。

そんな思いが伝わってくる舞台でした。

松本明子さん、歌メチャ上手かったです。
そういえば、モノマネ歌合戦でいつも優勝してたっけ。


実は、、、、
劇団主宰者の三宅裕司君は、中学と大学の同級生なんです(^^;
c0118352_10472963.jpg


舞台がハネテから、同級生とその息子さん(印象のSさん)他で楽屋に伺いました。
(ちなみに、この写真、一人を除いて、全員S26生まれ・57歳)

疲れているでしょうに、取り巻いている様々な方達にニコヤカに丁寧に挨拶しています。

私は35年ぶりにお会いするので、
「覚えてます~?○○です」

「おお!! ○○ちゃん!!
変わってないね~。昔のままでわかるよ!」
と、大握手してくれて嬉しかったな~♪

写真も一緒に撮らせてってお願いしたら、楽屋の狭い通路じゃなくて
舞台のソデにわざわざ移動してくれました。
優しい気遣いありがとう!!

ん、でも、、、変わってないのか~。。まあ、バアサンになってるから
綺麗になったね、なんていう言葉は期待できないけど、成長が無いって事よね(^^;
ま、バアサンになったね、よりはいいか~(^^)v

実はひそかに好きな小倉久寛さんとも一緒に撮らせていただいたのですが、
その写真より、コチラで大爆笑!!!!

撮ってくださった劇団の方が、
「ハイ、もっと寄ってくださ~い」


c0118352_10572324.jpg

顔をよせてる、オチャメな小倉さんでした!ますます好きになりました♪
[PR]

by jakky123 | 2008-10-18 10:58 | 観劇・鑑賞・観戦