人気ブログランキング |

2008年 10月 06日 ( 2 )

コンサート  <川崎にて>

土日に色々な予定や野暮用が目白押しで、これ以上睡眠を削れないギリギリだったので、
3連発のUPです。

10/5、ミューザ川崎シンフォニーホールにて行われた「パイオニア・ミューズ・コンサート 2008」に、
知人が合唱団の一員として出るので、川崎ミューザ至近にお住いのKさんをお誘いし、
花束を抱えて駆けつけました。
コンサート  <川崎にて>_c0118352_2142120.jpg

<Program>
1.  メンデルスゾーン : 「ルイ・プラス」 序曲
2. ブラームス : 「ハイドンの主題による変奏曲」
3. グノー : 「聖チェチーリアの祝日の為の荘厳ミサ」

アンコール エルガー : 「威風堂々 第一番」

指揮 : 黒岩英臣
ソプラノ : 高橋薫子
テノール : 岡本泰寛
バリトン : 牧野正人

パイオニア交響楽団も合唱団も、社員が仕事を終わった後や休日に練習している、
日頃の成果を存分に発揮していました。

高橋薫子さんの伸びやかな透き通ったソプラノの歌声は、とても素晴らしかったです!

by jakky123 | 2008-10-06 02:33 | 観劇・鑑賞・観戦

容疑者Xの献身 <ガリレオ映画バージョン>

容疑者Xの献身 <ガリレオ映画バージョン>_c0118352_1222127.jpg
2007.10~フジテレビで高視聴率だったドラマが映画化され、10/4に公開された。

福山雅治&堤真一、柴咲コウが好きで、テレビドラマでも嵌ってみていたので、
初日に途中で小田原に立ち寄って観に行きました。

一連のドラマの原作は、江戸川乱歩賞を受賞した東野圭吾の「探偵ガリレオ」であり、
この映画は直木賞受賞作で、その他の各ミステリー賞で一位の「容疑者Xの献身」。

CMを抜くと40分もののテレビとは、作りこみ方も違うのはモチロンだが、
原作自体が、ただ怪奇現象事件を物理的に面白く解明する他の短編と違って、
犯人および湯川自身の心理面を掘り下げた重厚なものになっていて、原作に忠実に作られていてとても良かった!!

堤真一の演技もますます円熟味が増し、上手いですよね~!!

最期の詰めも、想像を絶していて楽しめるし、映画でこそ生きる映像も散りばめられ
お薦めの作品です。

by jakky123 | 2008-10-06 01:39 | 映画・テレビ