人気ブログランキング |

2009年 09月 13日 ( 1 )

焼餃子

9/12は昼から車で、浅草に次男と一緒に墓参にいきました。

あと10日で秋のお彼岸なのですが、
その時の卒塔婆をたてての供養をお願いしにいくのと、
もう一つは、義兄の永代供養をお願いしにいくためでした。

子供も私以外の兄弟もいなかった義兄と姉は、jakkyの子孫達が墓参したついでに
自分達の墓も守っていってくれるようにと、同じお寺に墓を作ってくれるようにと
16年前、私に相談があったのです。

連合いも末っ子でしたから、新潟の実家に聞いても問題ないとの返事で、
とりあえず、浅草の「長昌寺」に墓の土地だけ、姉夫婦が確保してくれました。

それからは、お彼岸には、姉夫婦と一緒にお参りに行くようになり、
2年半後に、姉は逝ってしまいました。

その後の義兄の気の落としようは見ていられないくらいで、
姉の13回忌を昨年9月に終えたあとは、一気に衰えていき
今年の4/30に姐のもとへ逝ったのですが、、、

私や姪によく義兄が言っていたのは
「永代供養」をお寺に頼まなくては。。

私や息子達までは、お彼岸もお盆も命日も回忌もやってあげられると思います。
でも、孫から先は、私自身も保証できません。
義兄が指定の姪や甥達にも相談し、義兄が希望していた「永代供養」をお願いすることにしました。

ご住職も、快く引き受けてくださり、朝晩のお経の際に○○家先祖代々を読入れ、
命日、毎彼岸・お盆、毎月18日は必ず塔婆供養、回忌は御寺さんが施主になり行う。
jakkyに連絡がくるので、皆を集めるかどうかは自由。
日々のお墓廻りのお世話もしていただけますし、地震とかで墓が壊れても御寺が修理してくださる。

60年経つと、墓は取り払いますが、ご住職達も入っている「供養塔」に骨壷を移し、
永代にわたり供養のお経をあげていただける。
というお話を伺い、安心して帰ってきました。

モチロン、jakkyが元気なうちはお参りを欠かしませんし、
息子たちも父親や私の墓参ついでに参ってくれるとは思いますが。。
その後、実家にまわってお仏壇の父母に報告。

さあ、帰宅後は、すぐに食べられるように、夕飯は<焼餃子>!

具は午前中にキャベツ半分と韮1本をみじん切りして豚ヒキと味をつけて捏ね、
冷蔵庫に寝かせてきたので、包んで焼くだけ!!
つけるタレは<酢がメイン+醤油はたらす程度>でお願いね!
焼餃子_c0118352_1135042.jpg

朝のうちに、野菜スープの残りに大根とウィングスティックを足して味もたして煮ておきましたしね。
焼餃子_c0118352_1151054.jpg



皆さま、応援をありがとうございます。

どうもイントロが長くなりすぎてます(^^;
今日もポチッと お願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村

More 習得ワザ! すりゴマを足す

by jakky123 | 2009-09-13 08:53 | 脳梗塞予防プロジェクト