人気ブログランキング |

カテゴリ:遊び・観光( 67 )

野毛山の小っちゃな仲間たち

野毛山の小っちゃな仲間たち_c0118352_19122356.jpg
モルモットは専用のお座布団に包んで椅子に連れてきて、
そっと膝の上で可愛がります。

大人しい性格なのでじっとされるままに抱かれています。

ハムスターの台は4台散らばってあって、オガクズが敷かれています。

素早い動きなので、なかなか掴めない小さい子も。

孫のAと同じ位の歳の大人しそうな男の子が手を出さずに
羨ましそうにAを見ていたので、その子に
「両手を広げて出してね。
Aちゃん一匹載せてあげて」

その子はそっと大事に両手で包んで歩き出しました。

目で追ったら、、、、
マッタク子供の方を見ないで本を読み続けている
笑顔をどこかに忘れたような雰囲気のお父さんの横に座って、ずっとイトオシそうに撫でていました。
野毛山の小っちゃな仲間たち_c0118352_19124877.jpg

野毛山の小っちゃな仲間たち_c0118352_1923067.jpg

野毛山の小っちゃな仲間たち_c0118352_19253569.jpg
ヒヨコは生まれて5日目!

手を箱の中のヒーターで温めてから
そっと手の平にのせます。

ちょっと乱暴に扱う子がいると、係りのお姉さんが
「そっと優しくさわってね」

この子達のどれくらいが育つのでしょうね。。。
↓育ったニワトリもウロウロしています(^^)v
野毛山の小っちゃな仲間たち_c0118352_19294123.jpg


More  気になるこの子

by jakky123 | 2008-12-06 20:06 | 遊び・観光

野毛山の仲間たち

なんか惹かれてしまったんです。

タモリが昔、真似していたけど、それよりずっと可愛い♪

イグアナ君、丁度お食事タイムでした
野毛山の仲間たち_c0118352_0362717.jpg

レッサーパンダもいつもは隠れて寝てばかりなのに、お食事ドキだからかな?
野毛山の仲間たち_c0118352_0402580.jpg

野毛山の仲間たち_c0118352_0423315.jpg
サルはボスが食べた残りを他のオスが食べ、そのまた残りをメスが、そのまた残りを子供。。と
なるので、金網に打ち付けるように広い範囲に撒いて、平等に食べられるようにしていました。
野毛山の仲間たち_c0118352_0454270.jpg

野毛山の仲間たち_c0118352_0484076.jpg

この子だけ、
やたらと背中を嘴でかいていたんです。
クルクル回りながら泳いでました。

お薬つけてあげて欲しいな。
野毛山の仲間たち_c0118352_0535110.jpg
白熊さんは今はいません。
この奥の建物の中には授産室もありますが、親がいないので子もいません。。。

でも、ここは人気スポット!

贋白熊によじ登るために並んでいる子供の列が途切れません。

ライオンも虎もキリンもいろいろいるのですが、、、

Aはこのあと、ずっとふれあい広場で小動物と遊ぶこと1時間半。。デシタ
(ふれあい広場は別だし)

by jakky123 | 2008-12-06 00:36 | 遊び・観光

駱駝の「津軽さん」

駱駝の「津軽さん」_c0118352_735784.jpg
11/30 Aに
「何処に行きたいの?」
と 聞くと

「津軽さん、どおしているかな~?
逢いに行きたい。。」

という訳で、 野毛山動物園へ。

青森の動物園からやってきた津軽さんは、かなりお年のお婆ちゃまです。

ごはんをゆっくりと食べたあと
陽だまりで日向ぼっこしていました。

More  いつもお帰りには。。

by jakky123 | 2008-12-05 07:12 | 遊び・観光

竜化の滝  <栃木県・塩原>

都内の街路樹も少しづつ色づいてきました。

一昨年、奥鬼怒に行った時の紅葉の美しさには、本当に息を呑むほどでした。
奥鬼怒は先週が見ごろだったようなので、今週はもう終わっていますね。
その時も、あまりに美しかったので、翌週友人をお誘いし再度行きましたら、
すっかり枯れ木になっていた苦い思い出があります。

色鮮やかな秋の深まりを感じたくて、早朝に車を走らせて塩原まで日帰りで行ってきました。
竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_20385464.jpg

モミジ街道も時間が早かったので、まだ渋滞していません。
寒いくらいの冷たい空気ですが、だからこそモミジが鮮やかに紅葉しているのでしょうね。
竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_18215334.jpg
向福橋の欄干の招きネコに惹かれて車を止めてみたら、向こうに見える山が綾錦です。

ウデが拙くて上手く撮れていません。。。ザンネン。。

夕日ではないですが、童謡を口ずさんでいました♪

秋の夕日に 照る山 モミジ~ 
濃いも薄いも 数ある中に
松を色どる楓や蔦は
山の麓の裾模様 ♪


橋の反対側の景色も水の流れが急で、紅葉とのコントラストが綺麗♪

竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_18242116.jpg

竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_19541720.jpg

いよいよ「竜化の滝遊歩道」に踏み入ります。
軽いアップダウンの後は、渓流沿いに入っていきます。
青森の奥入瀬を歩いた時を思い出しました。
竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_18535079.jpg

竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_19572582.jpg


竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_18573061.jpg
竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_1921999.jpg

「風挙の滝」 さあ、あと200mです
竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_19145179.jpg

竜化の滝  <栃木県・塩原>_c0118352_1916289.jpg

高低さは殆どないので、楽ですし、景観が変化して楽しめて、丁度いい感じのお散歩コースです。

写真を撮っていた時間もあって、
片道30分歩いて辿り着きました。


「竜化(りゅうか)の滝」
 全長130m 幅5m 高さ60m

 3段になって流れ落ちている様が
 竜が昇っているように見えます。

水量も豊富で、観るために設けられている
立ち見台のところにも飛沫がかかり濡れています。

うっかり縁石に腰掛けてしまいましたが、
革パンだったのでセーフ!(^^;;

上部の木が丁度紅葉していたので
より美しい景色でした。

 

More  材木岩

by jakky123 | 2008-11-16 20:02 | 遊び・観光

富士急ハイランド <アイススケート>

<10/25の続き>
遊園地の隣にアイススケートのリンクがあります。
スピードや回転系の乗り物はまだ無理なオチビさんが一緒だし、
オチビさん達が「スケートやりた~い!」
富士急ハイランド <アイススケート>_c0118352_68457.jpg

まだ二人とも2回目なので、最初は足慣らしでおとうさん(長男)の手に
つかまって、ソロリソロリでござ候でした。
このつかまって滑れるのを借りてからは、交代に座席に座れて楽チン!
充分に楽しめましたね♪

ギャラリーの注目を集める方が3人滑っていました。

①黒の半袖Tシャツに黒の普通のズボン、オレンジのウェストポーチ
 そして黒の手袋をはめた40歳くらいの小太りの男性。
 滑りは上手なのですが、体型から華麗とは違います。

 上手さを見せるためか、、、ギャラリーの前を通る時にわざと混んでいるところや
 アベックの間をすり抜けるように滑り、その際に両手をオーバーに広げ、
 黒い手袋の手は宝塚スターのような?シナを作って通っていきます。

 みんな失笑していますが、気になって回ってくるたびに見ない振りしながら注目(^^;

②昔スピードスケーターだったのか?のおじいちゃま(推定70歳?)

 髪は耳の上両側に白髪のもじゃもじゃ(アトムの御茶ノ水博士って感じ)
 上は派手なブルーに赤ストライプのスポーツシャツ
 下は細くピッタリした黒スパッツ
 そして、、超ド派手なメタルサングラス(スキー場でも見かける金色や極彩色に光るアレ)

 この方はスピード自慢のようで、腰をかがめて片手を後ろ手にして右手を振り子にふる
 正統派のすべりでず~~~っと回っていました。

③ファッショナブルで優雅なすべりの素敵な女性(推定35歳?)

 草色のニットベレー帽、風に翻る草色の長い上着
 紫を主流にしたストライプのハイネックのオンナーに紫のタイツ
 斜め掛けにした小さいショルダーバックも計算された感じの美しさ

 そして、、たんたんと気持ち良さそうに、でもしっかりギャラリー目線の優雅で華麗なすべり
富士急ハイランド <アイススケート>_c0118352_6391712.jpgあ、もう一組、目が追ってしまったのは、この子たちでした!

お兄ちゃんが凄く上手で、弟を気遣って後ろ向きに滑ったりして人のいない方へ誘導。

弟くんは、チャッチャッチャガッツガッツガッという感じにアイスホッケーのように?
氷上を走っています。
(滑っているのではなく、足をあげて走っています)で、ちゃんと回っているのです。
格好も可愛らしくて、目がついつい追ってしまいました!
富士急ハイランド <アイススケート>_c0118352_6145479.jpg
やはり気温がまだそんなに低くないので、途中20分は休憩タイムになり、
氷の上に大分たまってしまった水を除く作業で3台が走り回っていました。

それにしても、見てただけ組の3人は、リンクサイドの寒さにブルブル。。。

by jakky123 | 2008-11-01 23:57 | 遊び・観光

富士急ハイランド <遊園地>

UPするのが遅れているので、先週(10/25-26)のお遊びが埋もれてしまいそう。。

ええじゃないか> ←クリックしてみてね
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_75031100.jpg
ギネス認定の世界一回転数が多い
ローラーコースターです!

全長1153m 最高部76m
最高速度126km

3種類の回転(座席自体、レールの捻り、ループ)


垂直に近く落下!
下からみると体が浮いています。

天地が逆になるコースター自体の回転に
ループが組み合わされていて
未知なる体験でしょうね~!

今回はオチビさん達がいたので乗れなかったのですが、
次男坊と「こんど乗りにこよう!」
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_7575323.jpg

楽しく乗れたゴーカート。
イッチョ前に自分で運転しているつもりなAちゃん。
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_88189.jpg

<とんでミーナ> 輪の部分は座席です!!
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_810231.jpg

Rが目一杯クルクルまわしたので、次男はこのあとずっと吐き気でした(^^;
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_8122480.jpg

富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_8143974.jpg

富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_817578.jpg
<パニックロック>

次男坊とRの組合せにjakkyが密着撮影。

Aと長男組の撮影はFちゃん。
ハムスターのコースターに一時間近く並んだとか・・・
<ゾーラ7> ローラーで走りながら銃で敵を撃ってポイントを競う
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_8175743.jpg

富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_8211023.jpg<ザブーン>
あらら、飛沫でなにも写ってませんでしたね~!

コースターが水に着水するウォータースライダーなんですが、一番乗りたかったAの身長が4cm足りなくて。。。
大泣きしたA。
可愛そうなので、Rも断念!

「もっとご飯いっぱい食べて、次に来たときに乗ろうね!」

優しいお兄ちゃんですね(^^)v
今泣いたカラスがもう笑った♪
富士急ハイランド <遊園地>_c0118352_829817.jpg

by jakky123 | 2008-11-01 08:11 | 遊び・観光

シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>

入ってすぐの檻には、チンパンジーが2匹いて、前面はガラス張りになっており、
「小さな穴が開いているところから名前を呼んでみてください」とある。

何度か呼んでも無視されてこちらを向いてくれなかった。。。

シャボテンの温室までの道の両側は「もみの木広場」と呼ばれ、
檻や柵があって動物達がいました。
シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>_c0118352_0522083.jpg


シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>_c0118352_0542633.jpg
夢を喰うというバク

鼻から口にかけてが前後左右によく動きます。
この子が小さいだけなのかも知れませんが、思っていたより小ぶりでした。

ミーアキャットは見張り番のよう
ずっと同じ格好で頭だけ四方を見回しています。
シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>_c0118352_055943.jpg

シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>_c0118352_0561933.jpg
プレーリードックは食べ方がとっても可愛い!

シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>_c0118352_0565955.jpg
ブラウンキツネザルはとても臆病なんだそう、、

凄く小さな音にも脅えるので、大声で話さないでと注意書き!

そーーーっと近づいて、、、、
カシャッ!
シャッター音で右から2匹目が赤く光る目で睨みました。
シャボテン公園 ②動物 <伊豆高原>_c0118352_058103.jpg
サボテン温室への通路で飼われている「パカ」 paca  → バカじゃないですよ(^^;
赤ちゃんが可愛い!!!

体側面には4列の白色点列があり、頬から顎にかけての部分が発達しています。
これによって鳴き声が共鳴するようです。
中南米に広く分布しているそう。

by jakky123 | 2008-09-02 00:38 | 遊び・観光

シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>

皆さまにご心配いただきました「鬼の霍乱・風邪」も辛いモノ療法で撃退し、
土曜の朝には鼻も開通! (多少鼻声ではありますが。。)

兼ねてより企画しておりました、夏休みの最後に家族で伊豆高原へ行ってきました。
病は気から。。の典型ですね(^^;
アソビになったら治るなんて。。。ヒンシュクですよね(><)シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_2254365.jpg
8/31(日)の伊豆高原は朝から快晴! 真夏のよう。
なんてったて、、自他ともに認める「晴れ女」ですから~ (^^)v

友人達と行くと、皆「行ったことある~!」で、避けてしまうのですが、
動物とのふれあいも増えたと聞いたので、久し振りに(7年ぶりかしら。。)
伊豆高原・大室山の麓 <シャボテン公園>に行きました。
シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_2162146.jpg
まずは「バードパラダイス」へ。
初めてお目にかかりました!
「ハシビロコウ」
愛嬌のある顔。
ゆっくりゆっくり歩き、動作もゆっくり。。

でも、バケツの中の生きた魚(エサ)を啄ばむときは、狙い定めておいて瞬時に
パクッ!!
シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_2164273.jpg

シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_217824.jpg
「インカアジサシ」のエサやり体験もしました。
一口大の切り身を手の平に乗せて、2mほど垂直に放り投げると、急降下してきて銜えてくれます。
そんなに大きな鳥ではないのに、羽を広げて舞い降りてくると結構デカイ!
子供たちも大喜びですが、皆で楽しむために一人一回。

(黒い点がエサです)
シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_2173425.jpg
← 「オオハシ」
誰かさんの苗字と同じですね(^^;;

「ベニイロフラミンゴ」は
愛のダンスを披露してくれました!

ギャーギャーと煩く鳴いて優雅ではありませんでしたが。。
シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_218346.jpg

シャボテン公園 ①鳥園 <伊豆高原>_c0118352_2202455.jpg
園内に何匹も闊歩している
「孔雀」
園外の道路も悠々と歩いているので、車はご注意を!

この美しいのは♂
♀は茶色で美しくないので、撮るのも止めました(^^:
写真も撮られ慣れていて、カメラ目線を向けたり、ポーズをとってくれたり。
なかなかのモデルぶりです。

More こっそり

by jakky123 | 2008-08-31 23:55 | 遊び・観光

第52回 高円寺・阿波踊り

今日は午後から仕事に休日出勤していて、帰りに高円寺で下車。

ここひと月くらい、駅のホームで電車が発車する時には、阿波踊りの鐘と太鼓のメロディが流れ
街中の練習する音も聞こえて、コチラまでウキウキした気分で待っていました。

雨が結構降る中、
踊る阿呆に、見る阿呆、おなじ阿呆なら、踊らにゃソン損!!
第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_7363196.jpg

第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_737138.jpg

第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_7374514.jpg

第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_739312.jpg

第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_740738.jpg

第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_7402862.jpg

第52回 高円寺・阿波踊り_c0118352_7424056.jpg


More 乱舞も、、21:00で ドドン!

by jakky123 | 2008-08-25 01:08 | 遊び・観光

京都 vol.8  <青蓮院>

京都に来るたびに目指すのですが、毎回他を優先してしまい、スケジュールを最後に組むので
3回も門前払いだった<青蓮院>

今回もスケジュールの最後ですから、間に合わなかったら端折っていいよ、、、と。

朝7時からホテルでおかゆさんの朝食を済ませ、お土産を購入したり余分な荷物を
宅急便で送る手配などしてから、一度京都駅に行ってロッカーにバッグを預けて身軽に。

帰りの新幹線が14:16ですから、時は金ナリ!です。
清水寺は今回は飛ばしました。高台寺までタクシーで行き、歩いて知恩院経由で青蓮院に
たどり着いたのが11時半過ぎだったでしょうか。。
京都 vol.8  <青蓮院>_c0118352_093685.jpg
天台宗の京都5ケ室門跡(他に三千院、妙法院、曼殊院、毘沙門院)の一つで、
境内三千坪は国の史跡、青不動明王像の掛け軸は国宝と記されています。

天台宗の祖・最澄(伝教大師)が比叡山延暦寺を開くにあたって山上に幾つか作った
僧侶の宿坊の一つ「青蓮坊」が起源だそうです。

その後、鳥羽法皇が帰依し御所に準じて京都に殿舎を造営して「青蓮院」と改称し、門蹟寺院とし、後桜町上皇は天明の皇居炎上の際には、青蓮院を仮御所となさったので、
天皇がお着きになる玄関やご滞在になった部屋もありました。

明治に至る迄、門主は皇族か五摂家の子弟に限られたそう。

調度品はすべて菊の御紋入りでした。
京都 vol.8  <青蓮院>_c0118352_0185233.jpg


相阿弥・作の粟田山裾を模した庭と、
東側には小堀遠州・作の「霧島の庭」が品格もあって見事です。
京都 vol.8  <青蓮院>_c0118352_0221639.jpg

京都 vol.8  <青蓮院>_c0118352_0225238.jpg
京都 vol.8  <青蓮院>_c0118352_6582038.jpg

↓門前の2本を含め4本の大楠の木がそびえています。
Kさんに立ってもらったので、大きさがよく解りますよね!

京都 vol.8  <青蓮院>_c0118352_6591443.jpg

by jakky123 | 2008-07-26 23:43 | 遊び・観光