人気ブログランキング |

<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

アザミ と 吾亦紅  <湿生花園>

アザミにもいろいろと種類があるんですね!

それぞれの名前は付いてるのも、解らないのもあります。
大きさも鶏卵大くらい大きいものから、鶉卵ほどの小さいものまで様々。
c0118352_0322656.jpg
野アザミ
c0118352_0334954.jpg
ナンブアザミ
c0118352_0341919.jpg
誕生と老いーそれぞれの美しさ
c0118352_0374570.jpg


幼い頃から、秋の野山に行くと、なんか惹かれてしまった「ワレモコウ」

「吾亦紅」 と書くと知った時から、より好きになりました!
c0118352_0422388.jpg

c0118352_0424447.jpg

by jakky123 | 2008-10-08 00:43 | 四季の彩り

ノーベル物理学賞 受賞 おめでとう!

c0118352_23164787.jpg
小林誠氏(64・左)、益川敏英氏(68)、南部陽一郎氏(87・右)の3氏がノーベル物理学賞を受賞
(産経新聞)

益川・小林両氏(名古屋大理学部卒)の「高エネルギー加速器研究機構理論」は、
論文発表から実に36年越しの受賞だそう。

両氏は大学院では、著名な素粒子物理学者だった坂田昌一博士の研究室で机を並べ、
活発に議論を交わす間柄になり、益川氏が助手として京大理学部へ移ると小林氏も2年後に続いた。
2人は、「何か面白いことをやろう」と話し合い、選んだのは、宇宙や物質の根源にかかわる
「CP対称性の破れ」という謎の現象。多くの学者が挑みながら、解明できていない難題だった。

研究は主に益川氏が理論面、小林氏が実験面を担当。
益川氏いわく「モデルを作り、朝、小林君に話すと、彼がそのアイデアを実験でつぶしていく」
という毎日だった。

当時、発見されていた<素粒子クォーク>は3種類。
当初は1つ多い4種類を想定した理論(4元モデル)を組み立てたが、それでは
対称性の破れを説明できず、すぐに行き詰まった。

研究を始めて1カ月ほどたった6月、家で風呂に入っていた益川氏は、
クォークを6種類と考える「6元モデル」を思いつく。

「風呂から上がった瞬間に、ふっと頭に浮かんだ。割と単純な発想だった。
4元モデルの呪縛(じゅばく)が解け、『6元でいける』とポジティブに考えられるようになっていた」

翌朝、小林氏に話すと「実験的にもうまくいきそうだ」。
夏休み中のわずか2カ月間で理論を仕上げ、小林氏が英文で論文を書き、
学術誌に投稿したのは9月。 翌48年、掲載された。

「小林君は頭脳明晰(めいせき)で繊細、私は細かな作業が苦手。
まったく違う性格の2人がコンビを組んだ」。

大胆な着想で突破口を提示する益川氏と、緻密(ちみつ)な検証でそれを磨き上げる小林氏。
抜群の相性の良さが歴史的な快挙を生んだ。

無名の若手が書き上げた論文は当初、あまり注目されず
「クォークが本当に6種類もあると思うのか」 と、先輩研究者からいじめられたそうだ。

30歳前後で発表した論理が、正しかったと評価され、ソレが世に認められるのに、
膨大な時間がかかるんですね!!

そして、突いて出る言葉は「理論屋とすれば、理論が外れる方が面白い」(小林氏)
あくなき探究心は、還暦を過ぎても、いささかも衰えることはないようです(^^)v

益川氏(京大名誉教授)は、「南部先生が取っていただいたことが一番うれしい」
「(ノーベル賞は)科学とは関係ない。研究者仲間から 理論が実証された時に
『正解だったよ』と言ってもらうのがうれしい」

南部陽一郎氏>   ・・・ 以下 産経新聞より

「対称性の自発的な破れ」による素粒子物理学への貢献。
宇宙や物質の成り立ちにかかわる根源的な現象を解明し、素粒子物理学の基礎となる
「標準理論」を構築した功績が評価された。

素粒子論の世界的権威でシカゴ大名誉教授。
小学校入学前から科学の本を与えられ、小学校時代には鉱石ラジオを作って遊んだ。
東大理学部を卒業後、29歳で大阪市立大教授に就任。

1952年から米国で研究生活を続け、物質の質量の起源を説明する「対称性の自発的破れ」や
量子色力学、ひも理論など数々の独創的なアイデアを提唱。
素粒子の標準理論の構築に大きく貢献した。

独創的な研究は、「10年先を知りたいなら、南部の論文を読め」と高く評された。

ノーベル賞についても、20年近く前から候補として名前が挙がり続けていた。

クォークに関する別の理論に授与された2004年のノーベル物理学賞の解説資料には、
南部は正しかったが(登場が)早すぎた」と異例の記述で先見性を賞賛。

天才的な洞察と緻密な理論で多くの業績を生み出し、
長年にわたり素粒子論の世界的リーダーとして尊敬を集めてきた。

論語の「学びて思わざれば則ち罔し、思いて学ばざれば則ち殆うし」 が信条。

<自分で考えることと、他人から教わることはともにないがしろにしてはならない>

「物理学の醍醐味は、クロスワード・パズルのような謎解きの面白さ」
「研究は汗と不満と甘い夢でなり立っている」 だそうです。

今後の物理学の課題について、南部氏は、
「極微の世界の素粒子論と、極大の世界の宇宙論という2つの未知の領域の関係が
非常に大事になる」と話しているそうだ。

by jakky123 | 2008-10-07 23:44 | NEWS

コンサート  <川崎にて>

土日に色々な予定や野暮用が目白押しで、これ以上睡眠を削れないギリギリだったので、
3連発のUPです。

10/5、ミューザ川崎シンフォニーホールにて行われた「パイオニア・ミューズ・コンサート 2008」に、
知人が合唱団の一員として出るので、川崎ミューザ至近にお住いのKさんをお誘いし、
花束を抱えて駆けつけました。
c0118352_2142120.jpg

<Program>
1.  メンデルスゾーン : 「ルイ・プラス」 序曲
2. ブラームス : 「ハイドンの主題による変奏曲」
3. グノー : 「聖チェチーリアの祝日の為の荘厳ミサ」

アンコール エルガー : 「威風堂々 第一番」

指揮 : 黒岩英臣
ソプラノ : 高橋薫子
テノール : 岡本泰寛
バリトン : 牧野正人

パイオニア交響楽団も合唱団も、社員が仕事を終わった後や休日に練習している、
日頃の成果を存分に発揮していました。

高橋薫子さんの伸びやかな透き通ったソプラノの歌声は、とても素晴らしかったです!

by jakky123 | 2008-10-06 02:33 | 観劇・鑑賞・観戦

容疑者Xの献身 <ガリレオ映画バージョン>

c0118352_1222127.jpg
2007.10~フジテレビで高視聴率だったドラマが映画化され、10/4に公開された。

福山雅治&堤真一、柴咲コウが好きで、テレビドラマでも嵌ってみていたので、
初日に途中で小田原に立ち寄って観に行きました。

一連のドラマの原作は、江戸川乱歩賞を受賞した東野圭吾の「探偵ガリレオ」であり、
この映画は直木賞受賞作で、その他の各ミステリー賞で一位の「容疑者Xの献身」。

CMを抜くと40分もののテレビとは、作りこみ方も違うのはモチロンだが、
原作自体が、ただ怪奇現象事件を物理的に面白く解明する他の短編と違って、
犯人および湯川自身の心理面を掘り下げた重厚なものになっていて、原作に忠実に作られていてとても良かった!!

堤真一の演技もますます円熟味が増し、上手いですよね~!!

最期の詰めも、想像を絶していて楽しめるし、映画でこそ生きる映像も散りばめられ
お薦めの作品です。

by jakky123 | 2008-10-06 01:39 | 映画・テレビ

白銀の波 <仙石原>

c0118352_0533622.jpg


中国から1週間だけ帰国し、火曜には勤務地に戻る従姉妹達と箱根・仙石原に行ってきました。

晴天の中、3km以上道の両側が見渡す限り一面のススキ(尾花)の原野です。

c0118352_1132153.jpg

c0118352_0535874.jpg

c0118352_056570.jpg

c0118352_0562884.jpg

c0118352_0594730.jpg
こちらは湿生花園のススキ
まだ赤ちゃんなので赤味を帯びています。

湿生花園では秋の花々が今は盛りと咲き乱れていました。
これから少しづつUPしていこうと思います。

More  愛車で

by jakky123 | 2008-10-05 23:51 | 四季の彩り

ちゃぽん  <目黒店>

業績がかなり悪化している我が社で早期退職の募集があり、総勢300人が辞めた。
my部署でも49歳の男性一人と39歳の女性一人が応募し、45ヶ月分の退職金を獲得して
引継ぎ3週間。。。9月末日で辞めてしまった。

業績の悪化が主原因であるから、当然のごとく人員の補充はしてもらえない。

残った我々は、業務を分担して請負い、よりハードな残業の毎日が10/1~始まった。。

9/30、送別会を<ちゃぽん・目黒店>で催した。

大金を確保してこれから数ヶ月遊んで暮らせる人のを払うことに多少の抵抗もあり?
さまざまな抵抗があり?   半数以上が欠席。。。

当たり前のことながら二人の分は割ったのだが、
出席した人の負担は増で、より多くなるし、仕事に関する話題はタブーだし、
たまたま隣り合った人と全く関係ない旅行の話などし、
なんとなく素直に送り出せない雰囲気の送別会でした。

ひたすら呑んで、ひたすら食べてました。。。c0118352_79057.jpg

気づいたら、すでに食べ散らかされていた「刺身盛」

蟹を剥くのは得意なので、3人分づつ盛られたのを
2皿(6人分)剥きまくっていました
(^^;

男性って剥くのが面倒だから食べないっていう人、多いんだよね?

c0118352_793219.jpg

c0118352_7101192.jpg

ナント!
このトマト・ジェル掛けが美味しかった♪
c0118352_7113664.jpg
c0118352_712434.jpg

c0118352_7152136.jpg
フライが熱いうちにレモンをかけようと
「掛けていい?」と聞くと
2人もレモン駄目な人がいてビックリ!

そのうちの一人は、レモン汁をつけて食べたいという
コダワリ(ワガママ?)派で、レモン論争が勃発!

賀茂茄子のチーズ焼きもアツアツで出ました!
c0118352_716281.jpg
これで、呑み放題付きで正規単価¥5000は安いかも。。。
お味もgoo! でした。

ごちそうさま~♪

by jakky123 | 2008-10-02 06:19 | 呑み処

M家のサブちゃん part2

「M家の飼い主」さんがコメントしてくださったのですが、なぜかハジカレテしまったらしい。。

無事に興し入れした「サブちゃん」とコメントを紹介します。
もうすっかり家族の一員ですね♪c0118352_535415.jpg

前の2匹が14まで生きたのでこの先14,5年自分の年を考えるとムリかなと思って
いましたが、10年くらいならがんばれるだろう、と里親募集のNETで5歳の犬を探
しました。

幸いすぐに条件の合うワンコが見つかり、大切に世話をすることなどいろいろな
条件の誓約書を入れて、我が家にきました。

イヤー大変、いたずら盛りの孫ってこんなもんかな、と思うばかりのやんちゃさで
「お前5歳の成犬だろ」と突っ込みを入れたくなるほどです。

若さのパワーをもらっています。

名前は3番目のコなので、あっさりとサブちゃんになりました

今回こちらにお世話になった里親募集のページ
【http://www.satoya-boshu.net/link_f.htm】
なぜか上手くリンクできないので、URL貼り付けました。

by jakky123 | 2008-10-01 05:36 | わんちゃんの部屋